心理カウンセラーのブログ

発達障害 仕事をするのに必要なこと

投稿日:

こんにちは。発達障がい支援センターの青芝夏樹です。

仕事をするとき、どんな能力が求められているでしょう?

仕事によって、必要な能力は変わってきますが、どの仕事をするにも最低限な能力とは何でしょう?

1 時間を守ることができる


 時間を守れなかったら仕事をすることはできません。朝、遅刻せずに出勤できる。待ち合わせ時間に遅れずに行くことができる。これができないと仕事は続けることはできないでしょう。

2 あいさつや返事ができる


 これも基本中の基本ですよね。「おはようございます」「お疲れさまでした」「いつもお世話になっております。」「ありがとうございました。」「わかりました」
 あいさつや返事はコミュニケーションの基本です。

3 体力がある


 基本的に1日8時間労働です。1週間で40時間です。立ちっぱなしの仕事もあるかもしれません。肉体労働もあるでしょう。仕事はとにかく体力が必要です。残業もあるでしょう。仕事を長くしていないと体力もなくなってきています。仕事ができる体力を養っておく必要があります。

4 身だしなみ


 職場に合った身だしなみが必要です。スーツ、制服、カジュアル、作業着など身だしなみは仕事をする上で基本です。髪型、ニオイ、爪など清潔感も大切です。

5 人の話を聞く


 人の話を聞くと言うのは、コミュニケーションで非常に大切なことです。作業の手を止めて相手の目を見て話を聞く。聞きながら相づちをうったり、わからないところを質問したりなど、聞く姿勢が大切です。

6 困ったとき、どうしたらよいかわかる


 困ったときに、フリーズしていたのでは仕事になりません。困ったときはどうしたらよいのか、誰に聞いたら良いのか判断できる力です。わからないからといって自分流にやってはいけません。

このように、どこの職場でも求められる能力を身につけておきましょう。お子さんなら、高校を卒業するまでには身につけさせておきましょう。

 
発達障害のことでお悩みではないですか?
 
 
発達障がい支援センターでは、『発達障がい克服!無料メルマガ』を発行しています。
 
発達障がい克服!無料メルマガは、今までに10万人以上の方にお読みいただいており、発達障害の悩みを解決するための知識・知恵が詰まっています。
 
発達障害のことでお悩みの方は、ぜひ読んでみてくださいね。
ずっと無料で読め、いつでも解除することもできます。
 
 
 
 

-心理カウンセラーのブログ

Copyright© 発達障がい支援センター , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.