心理カウンセラーの紹介



このページでは、当支援センターに所属する心理カウンセラーをご紹介いたします。

真鍋良得 代表心理カウンセラー

発達障がい支援センター代表
心理カウンセラーの真鍋良得(まなべりょうえ)です。

発達障害がある人は、コミュニケーションや対人関係をつくるのが苦手だと言われます。
また、その行動や態度は「自分勝手」とか「変わった人」「困った人」と誤解され、敬遠されることも少なくありません。
発達障害の人たちが個々の能力を伸ばし、社会の中で自立していくためには、「気づき」と「適切なサポート」、そして、発達障害に対する理解が必要です。

私自身、幼い頃から、みんなができることができない、普通じゃないことに悩みました。

人とうまくコミュニケーションが取れない、まともに会話ができない、そんな自分を責め、他人を恐れ、人目を気にしながら生きていました。

私が自分に発達障害あるかもしれないと気づいたのは40代半ばでした。

わが子に発達障害があると診断されたとき、自分自身にも発達障害があることに気づきました。

普通になりたい、ちゃんと人とコミュニケーションをとれるようになりたいと悩み苦しんできた私は、自分に発達障害があって、それは一生治らないものだと知った時には絶望しかありませんでした。

しかし、不登校だった子供たちとのかかわり方に悩む中で、心理学を学び、発達障害について学びました。
そして、発達障害というものを理解して、自分にできるコミュニケーション方法を身につければ、社会の中で自分の能力を発揮して幸せに生きていくことができるのだと知りました。

「普通じゃなきゃダメ」「ちゃんと会話ができなくちゃダメ」というのは単なる思い込みでした。
自分の思い込みをなくしていけば、そのままの自分で、発達障害のままの自分でも幸せに生きていくことができるのです。

発達障害があるお子さんのことでお悩みの方、ご自身の発達障害に関する問題について解決したい方、生きづらさを解消したい方、ぜひ一度ご相談ください。

丁寧にお話を聞きながらお悩みを解決します。

専門:不登校・発達障害
出身地:愛媛県
趣味:マラソン

児童発達支援士
発達障害コミュニケーションサポーター
心屋リセットカウンセリングマスター
NLPプラクティショナー(全米NLP協会認定)
NLPプロフェッショナルコーチ

神谷今日子 心理カウンセラー

神谷今日子の写真

こんにちは、心理カウンセラーの神谷今日子です。
今、このホームページを見ているあなたは、お子さんやご自身の発達障害を克服したいと考えていると思います。

そのために、まずしなくてはいけないものが、「発達検査」です。

どういったところが得意でどういったところが苦手なのか?
これからどういった WEBカウンセリングやスキルトレーニングを受けていけばいいか?
発達障害を克服して、どう生きていくのか?

これらの指針がなければ、目的地(ゴール)のわからない迷路をさまようことになります。

その指針をはっきりと示してくれるのが、「発達検査」です。

発達検査を受けることで、お子さんの特性をいち早く把握することができます。
そして、最短の道で、発達障害を克服することができます。

子どもの発達や、子どもの将来が心配だ。
発達障害の傾向があるかどうか調べてみたい。
子どもの得意不得意を知って、今後に生かしていきたい。

そんなあなたは、ぜひ一度、初回面談を受けてみてください。
私も、発達障害克服のお手伝いをさせていただきます。

また、発達障害による心身の不調でお困りの方は、私が発行している「発達障害克服のためのアロマセラピー無料メール講座」を受講してみてください。
代替医療として注目されているアロマセラピーを中心に、発達障害を克服するためのヒントを毎日無料で配信しています。

発達障害克服のためのアロマセラピー無料メール講座:https://kamiyakyouko.com/mailmaga/aroma-mail/

専門:発達障害・心理検査・不登校
出身地:群馬県
趣味:ヨガ・マクロビオティック(食養生)・寝台列車

友だち追加

 

黒瀧素子 心理カウンセラー

黒瀧素子の写真

こんにちは、発達障害に特化した、自分軸を育てる子育て心理カウンセラーの黒瀧素子です。
現在、大学生・中学生・小学生の子どもを育てています。

・あなたは、自分の意見が言えない自分を変えたいと思っていませんか?
・あなたは、子どもが自分の意見を言えなくて、ストレスを抱えていることが気になって
いませんか?
・あなたは、子どもと気持ちが通じないことにモヤモヤしていませんか?
・あなたは、子どもに問いかけても返事がなかったり、親の言うことをきかなかったりす
ることにイライラすることはありませんか?
・あなたは、子どもがネガティブに感じやすかったり、イヤなことにこだわってしまった
りするところが気になっていませんか?
・あなたは、子どもが感情のコントロールが苦手だと感じることはありませんか?
・あなたは、子どもが急な変更に対応するのが苦手だと感じることはありませんか?
・あなたは、子どもが心配性だったり疲れやすかったりするところが気になっていません
か?
子育ては学んだほうが楽にできます。
人間関係はうまくいく方法があるのです。

生きていると、子育てをしていると、どうしたらよいかわからないという時もあると思います。
私はそんな困った状況をなんとか改善したくて、様々なことを学んだり試したりしているうちに、

『自分は変われる!自分が変わると周りも変わっていく!』

ということを体感しました。

今困っているあなたにも、あなたに合った解決方法がありますよ。
お子さん一人一人に合った接し方・声がけの仕方を知って、親子の信頼関係を築いて、子育てを楽しんでいきましょう。

悩み事を改善・解決して、ここちよく幸せを感じて生きていけるようにお手伝いいたします。

ホームページ:https://kurotakimotoko.com
専門:発達障害・子育て・不登校


水野幸子 心理カウンセラー

水野幸子の写真

こんにちは。水野幸子と申します。
私の専門は、「不安」「恐怖」です。
不安や恐怖で困っている方に寄り添います。

私が、不安や恐怖の専門になろうと思った理由をお話します。
子どもの頃の私は、何でもこなす、いわゆる優等生タイプでした。
子どもの頃は気付いていませんでしたが、今思えば、すごく無理をしてい たのだと思います。 それは、いい子でいないと親から突き放されると思っていたからです。
子どもが一人ぼっちでどうやって生きていくのかと不安に思っていまし た。
親、先生、友達。私の周りの人達にすごいねって認めてもらわないと不安でした。
自分の居場所がなくなることが怖かったのです。
大人になっても、ずっと不安で、必死に自分の居場所を探していました。
そんなとき、結婚しますが離婚して、シングルマザーになります。
子どもと2人で生活するために必死だった頃、近づいてくる足音に恐怖を 感じるようになりました。
でも今は、不安や恐怖を手放して、心穏やかな毎日を過ごしています。
それは、多くの方々に支えられてきたからです。
今度は私が、不安や恐怖で苦しんでいる方を支えたいと思ったのです。
あなたは、不安や恐怖に困っていませんか。
一人で苦しまないでください。 私があなたに寄り添います。
一緒に解決していきましょう。

専門:発達障害・不安障害・不登校
出身地:岐阜県土岐市
趣味:読書・ドラマ・映画鑑賞
好きな言葉:我が道を行く。一歩一歩。笑う門には副来る


明石美和子 心理カウンセラー

明石美和子の写真

悩んでる貴方へ
悩んでる事自体が、新しい世界への入り口の始まりです。

「変わりたい」と思ってる時点から、既に変わり始めようとしています。

・ありのままで生きる
・自分に成る
・手放す

たった一度の人生だから…
1日の中で5分でも良いので自分と向き合ってみませんか?

私自身…
保健室登校になった経験がある10代
自分の性格の基盤は、両親や家庭環境の影響からだと気付いた20代
愛着障害があると気付いた30代

現段階も自分と向き合い、克服しようと取り組んでる最中です。

一緒に共に自分と向き合い、自分自身を愛してみませんか?

専門:発達障害・不登校・愛着障害・インナーチャイルド


宮田武志 心理カウンセラー

私は、障害者が直面する現実的不便・精神的苦痛の本質を見つめてきました。障害とともに生きることの難しさを痛感しました。
私は障害者のために何が出来るのか?
心の浮き沈みを安定させる方法はないのか?
上手くサポートできなかった私は、悩み、苦しみ、心まで沈んでいきました。
そこで私は障害者心理を一から学び、障害者と、その家族を支えるためのカウンセラーになりました。

私は下の2点を意識しながら障害と関わっています。
・ありのままの自分を受け入れること。
・自分の使命を果たすこと。

私は、障害に対する認識を正しく修正できたことで、障害者やその家族に対する本当に必要な支援活動ができるようになってきました。
もし、あなたやあなたの大切な人が障害によって悩み、苦しんでいるのならば、私と一緒に解決していきましょう。

専門:発達障害・精神障害・身体障害・不登校
出身地:鹿児島県


青芝夏樹 心理カウンセラー

こんにちは。元教員、心理カウンセラーの青芝夏樹です。

私は、教育現場で学生の指導をしていたとき、同じ失敗を何度も繰り返す子、締め切り日を何度も忘れる子、作業は丁寧だがすごく遅い子、感想文が書けない子、空気が読めず他人が嫌がることを言ってしまい孤立してしまう子、何回教えても理解できない子、小学生の計算問題ができない子などがいることに気づきました。

入学してくるとき、発達障害のお子さんは内申書にそのことが書いてあり、配慮してほしいことを親御さんから聞くのですが、最初に述べました問題があると思われる生徒は、発達障害と診断されていない生徒であることも多く、特別に指導する必要がありました。

最初のうちは指導の仕方がわからず、問題があるまま就職し、雇用主から「使えない。どういう指導をしていたのか?」「作業が人の3倍の時間がかかる。うちでの雇用は無理です。」「何度言っても同じ失敗を繰り返す。」「しっかり仕事ができるようになってから卒業させてくれ。こんな生徒を卒業させていたら学校の評価が下がるぞ。」と何件も苦情が来ました。

これでは、卒業した生徒も雇用してくれた会社も不幸になります。

発達障害は得意なことと不得意なことの凸凹の差が大きいので、得意なことを活かせる就職先を探すことは必至であると気づきました。どのようにしたらできるか、発達障害に関する書籍、発達障害の生徒指導研修、カウンセリング研修、コーティング研修などを受け、いろいろ試行錯誤するうちに得意なことを伸ばし不得意なことをカバーする指導方法を確立することができました。

また、仕事をしていくには主体性が非常に大切です。教育現場では、主体性を引き出すプログラムの責任者を経験し、主体性を引き出すノウハウも身につけました。

その後、一般の会社で管理職をする中で、発達障害と思われる部下の育成にも携わりました。

このような経験を発達障害で困っておられる方のお役に立てたいと思い、現在、カウンセリングを行っています。

ホームページ:https://hattatsu-job.com/
専門:発達障害・職業訓練・不登校・引きこもり


更新日:

Copyright© 発達障がい支援センター , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.