心理カウンセラーのブログ

発達障害 職場に嫌な人がいる 学校に嫌な人がいる

更新日:

こんにちは。発達障がい支援センターの青芝夏樹です。

仕事をしていたり、学校に行っていると、自分と合わない人が必ずいます。

2:8の法則(パレートの法則)で考えると、2割が自分と合う人、2割は自分と合わない人、6割はどちらでもない人なので、自分の合わない人がいても当然なのです。

しかし、合わない人が職場や学校にいると、合わない人の言動一つ一つが気にさわります。

なぜ、自分に合わないのか考えてみましょう

いつもお話している観念が関係しています。

例えば、いつも人の悪口や愚痴を言っている人がいたとしましょう。あなたが悪口や愚痴を言ってはいけないと思っていると、悪口や愚痴をいう人とは合わないでしょう。

道徳やルールをあまり守らない人がいたとしましょう。あなたが道徳やルールはしっかり守らなければならないと思っていると、道徳やルールをあまり守らないひととは合わないでしょう。

そんなとき、どうすればよいでしょう

  • その人とは価値観が合わないんだと認識する。
  • いろんな人がいてもいいんだと考える。
  • 観念を修正する。

価値観が合わない人に対しては

  • お客様だと思って丁寧に接する。
  • 相手の価値観を認めてあげながら話をする。
  • 笑顔で接する。

でも、どうしても無理と思うなら、

  • 接触しそうになったときは、できるだけその場から離れる。
  • 別の方向を見て、その人たちが視界に入らないようにする。
  • その人たちの話している内容をできるだけ聞かないようにする。

自分に合う対処方法は違います。

自分に合った対処方法を探してみてください。

 
発達障害のことでお悩みではないですか?
 
 
発達障がい支援センターでは、『発達障がい克服!無料メルマガ』を発行しています。
 
発達障がい克服!無料メルマガは、今までに10万人以上の方にお読みいただいており、発達障害の悩みを解決するための知識・知恵が詰まっています。
 
発達障害のことでお悩みの方は、ぜひ読んでみてくださいね。
ずっと無料で読め、いつでも解除することもできます。
 
 
 
 

-心理カウンセラーのブログ

Copyright© 発達障がい支援センター , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.