心理カウンセラーのブログ

発達障害と、【自分のことをダメだと思いこんでいる】あなたへ

投稿日:

こんにちは。

発達障がい支援センター代表の、丸山卓也です。

あなたは、発達障害のことでお悩みではありませんか。

また、【自分のことをダメだと思いこんで】いませんか。

本当は、【自分のことをダメだなんて、思いたくない】ですよね。

でも、つい、やってしまうのではないでしょうか。

今日は、【そのような】あなたに向けて、手紙を書きました。

お時間のあるときに、読んでいただけたら幸いです。

発達障害のことでお悩みのあなたへ

また、【自分のことをダメだと思いこんでいる】あなたへ

こんにちは。

手紙を読んでくださり、うれしいです。

【自分のことをダメだと思いこむ】。

本当は、【ダメなんてことはない】と思いますが。

私たちは、つい、【ダメだと思いこんでしまう】わけですね。

では、仮にそうだとして。

いったい、どこがダメなのでしょう。

あなたは思いつきますか。

私は、いくつかありますね。

・つい、ダラダラ。怠けてしまう。

・やることがあるのに、後回しにしてしまう。

・スマホばかり見ていて、やることが進まない。

・反省しても、同じことのくり返し。

なんだか、本当に私はダメなんじゃないかと、少し自信がなくなってきました…!

気を取り直して。

自分のダメなところを探せば、当然出てくるでしょう。

そして、この【探す】という行為が、「自分はダメだ」という【負の思いこみを、より強化してしまう】わけです。

【自分のダメなところを“探す”】ということは、【ダメなところを“一生懸命 見つめている”】ということ。

【そんなこと】をしていたら、【ネガティブな思いこみが、どんどん強く】なってしまいます。

「自分はダメだ、自分はダメだ…」と、【暗示】をかけているようなものです。

それでは、自信もなくなってしまいますよね。

本当はダメじゃないのに。

ですから、

・【不必要に、ダメなところを探さない】。

・【ネガティブな思い込みを強化していないか、自分自身に注意する】。

以上のことが大切です。

そしてもう一つ。

【私たちは、決してダメではありません】。

確かに、欠点もあるでしょう。

しかしそれ以上に私たちは、【自分をより良い方向へ成長させる力】を秘めています。

【これ】は、【誰もが必ず持っている力】です。

ですので。

自分はダメだなんて思わないで、一歩ずつ前に進んでいきたいですね。

今日は、発達障害のことでお悩みのあなたへ、

また、【自分のことをダメだと思いこんでいる】あなたへ、

手紙を書きました。

それでは。

一緒に今日を、心おだやかに過ごしましょう。

発達障がい支援センター代表 丸山卓也より

 
発達障害のことでお悩みではないですか?
 
 
発達障がい支援センターでは、『発達障がい克服!無料メルマガ』を発行しています。
 
発達障がい克服!無料メルマガは、今までに10万人以上の方にお読みいただいており、発達障害の悩みを解決するための知識・知恵が詰まっています。
 
発達障害のことでお悩みの方は、ぜひ読んでみてくださいね。
ずっと無料で読め、いつでも解除することもできます。
 
 
 
 

-心理カウンセラーのブログ

Copyright© 発達障がい支援センター , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.