心理カウンセラーのブログ

世界自閉症啓発デー。それぞれの個性を認め合えたら。

更新日:


こんにちは、発達障がい支援センターの神谷今日子です。

本日、4月2日は、世界自閉症啓発デーです!

世界自閉症啓発デーは、国連によって決定されており、「全世界の人に、自閉症をはじめとする発達障害について啓発する(知っていただく・理解していただく)」取り組みがおこなわれています。

また、今日から4月8日までは、発達障害啓発週間となっています。


そこで、今日のブログでは、自閉症や発達障害について、そしてどんな風に発達障害の方と接していくといいのか?について、お話させていただきますね。


自閉症の方は、脳機能の発達の違いから、人とのコミュニケーションが苦手だったり、何かに対してのこだわりが強かったりします。

また、感覚過敏といって、聴覚・嗅覚・視覚・触覚・味覚といった感覚のどれかが過敏なこともあります。(逆に感覚鈍麻といって、鈍い方もいます)


このような特徴があるため、自閉症の方は、傍から見ると、かなり個性的に見えることもあるかもしれません。

えっ、そんなことで?と思う刺激に対して、過剰に反応したり、

こちらが何度も話していることをうまく理解できなかったり、

一つの物に過剰に打ち込んだり…


そんな様子を見ていると、何でもっと他の人と同じように、普通にやれないの?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。



ただ、ここで考えて頂きたいのです。

この世界には、一人として同じ人はいないですよね。

それぞれ、好きな食べ物も違うし、行動も違うし、持っているスキルも違います。


あなたは、趣味や日々の行動を、誰かに無理矢理、強制されたら、どう思いますか?

とても、嫌ですよね。


自閉症の方も同じです。


なので、どうして同じようにやらないの?これが常識でしょ?こうやりなさい!と一つにまとめようとするのではなく、それぞれの個性を認め合って生きていくことが大切です。

あなたは、それが気になるんだね。

あなたは、この説明だと、理解しづらいんだね。

あなたは、それが本当に好きなんだね。


こんな風に、発達障害の方の持つ個性に寄り添う形で接することで、それぞれの個性を認めながら、共に生きていくことができるようになります。

これは、発達障害の方に限らず、誰と接するときにも言えることです。



発達障がい支援センターも、発達障害の方の個性を活かしながら、困りごとを克服していくための活動をしています。

自身や周りの人が、自閉症を含む発達障害でお困りの方は、ぜひ、一度、『発達障がい克服!無料メルマガ』を読んでみてください。

発達障害克服のための知識・知恵を無料でお伝えしています。


では、今日は心理カウンセラーの神谷今日子がお送りしました。

世界自閉症啓発デー、一緒に広めていけたらと思います^^



 
発達障害のことでお悩みではないですか?
 
 
発達障がい支援センターでは、『発達障がい克服!無料メルマガ』を発行しています。
 
発達障がい克服!無料メルマガは、今までに10万人以上の方にお読みいただいており、発達障害の悩みを解決するための知識・知恵が詰まっています。
 
発達障害のことでお悩みの方は、ぜひ読んでみてくださいね。
ずっと無料で読め、いつでも解除することもできます。
 
 
 
 

-心理カウンセラーのブログ

Copyright© 発達障がい支援センター , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.