心理カウンセラーのブログ

発達障害と、【生活リズム】がくずれてしまうあなたへ

更新日:

発達障害のことでお困りのあなたへ

また、【生活リズム】がくずれてしまうあなたへ

こんにちは。

発達障がい支援センター代表の、丸山卓也です。

手紙を読んでくださり、ありがとうございます。

【生活リズム】がくずれてしまう。

そういうときも、ありますよね。

・家事、育児、仕事が忙しい。

・大事なテスト、試験の勉強がある。

・ゆっくりできる時間がなかなかとれない。

・スマホ、you tube、テレビなどを、つい、夜遅くまで見てしまう。

・生活リズムがくずれて、心、体が疲れてしまう。

このようなことはありませんか。

忙しい毎日。

生活リズムがくずれてしまうときもあります。

そこで見直したいのが、布団、ベッドに入る時間。

・ついダラダラしてしまい、布団、ベッドに入る時間が遅くなる。

・布団、ベッドに入っても、スマホやテレビなどを見て、眠るまでに時間がかかる。

このような生活習慣があるようでしたら、お互い、直していきたいですね。

では、どうすればよいのか。

・【できるだけ早めに布団、ベッドに入り、眠りにつく】

これにつきます。

とてもシンプルで、当たり前なことなのですが、【早めに布団、ベッドに入り、眠りにつく】ことには、以下のような、大きなメリットがあります。

・心身が回復しやすい。

・夜は早く寝て、朝は適切な時間に起きるという、【生活リズム】が整えられる。

・結果、心と体が健康になっていく。

正直、当たり前のことですよね。

それこそ、小学生の子どもが、親や学校の先生に言われるようなことです。

しかし…。

意外とできないことではありませんか。

いくら当たり前なことでも、それができるかどうかは、また別の問題ではないでしょうか。

忙しく、なかなかストレス発散ができない毎日。

スマホ、you tubeなどの手軽な娯楽が、とても身近にある。

【生活リズム】を整えることは、意外と難しいのではないでしょうか。

家事、育児、仕事、勉強の後。

少しくらい、ゆっくり休みたいものです。

そのひと休みの時間をとっても、生活に支障が出ないのであれば、問題はありません。

きっと、上手に【生活リズム】を整えてみえるのだと思います。

しかし、ひと休みのつもりがダラダラ長びいてしまい、

結果、なかなか眠りにつくことができなくなったり、【生活リズム】がくずれてしまったりするようでは、よくないですよね。

布団、ベッドに入る時間に注目して、【くずれた生活リズム】を整えていきたいものです。

今日は、発達障害のことでお困りのあなたへ、

また、【生活リズム】がくずれてしまうあなたへ、

この手紙を書きました。

それでは。

一緒に、自分の心身を整えながら、今日を過ごしましょう。

発達障がい支援センター代表 丸山卓也より

 
発達障害のことでお悩みではないですか?
 
 
発達障がい支援センターでは、『発達障がい克服!無料メルマガ』を発行しています。
 
発達障がい克服!無料メルマガは、今までに10万人以上の方にお読みいただいており、発達障害の悩みを解決するための知識・知恵が詰まっています。
 
発達障害のことでお悩みの方は、ぜひ読んでみてくださいね。
ずっと無料で読め、いつでも解除することもできます。
 
 
 
 

-心理カウンセラーのブログ

Copyright© 発達障がい支援センター , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.