心理カウンセラーのブログ

発達障害の特徴、こだわりの強さ

投稿日:

こんにちは。発達障害支援センターの阿部由香里です。

発達障害のお子さんの特徴でよく見られる、こだわりの強さにはいろいろあります。

そばで見守る親御さんにとって、気になる点をいろいろ聞きました。

また、どんな風に対応しているのかも聞いてみました。

・過去の出来事を、ずっと許せないで心の中にわだかまりを持っている。
 「○○くんがあの時、自分に言った言葉が許せない」
 本人が気が小さくて、その時言いたいことを言えなかったせいで、なおさらわだかまりを持っている。
 対応⇒ 心の中にある、許せない出来事を文章にして紙に書かせる。どう思ったのか、本当はどうしたかったのかを書くことで気持ちの整理をする。
もしその話が出たら、親御さんは子どもの気持ちに共感した声かけをする。 

・かなり部分的に神経質で潔癖症
 手を洗う回数が多すぎるので、肌がボロボロになるほど乾燥してしまう。
 対応⇒ 手を洗った後にはハンドクリームを用意して塗ってもらう。

・濡れたタオルを常に持参。それで気になるところを拭くのはいいが、濡れたタオルを机の引き出しに入れて保管する。引き出しの中が濡れて、かび臭くなってしまう。
対応⇒ タオルを置く場所を決めて、机の上に置いてもらうようにする。

こだわりの内容はかなり個性的で、その内容も十人十色です。

親御さんならそのこだわりを承知して対応できますが、学校のお友達に全部わかってもらえるとは限りません。周りのお友達からどんな扱いをうけるのか、心配はつきませんよね。

対応のしかたも、その子にあった内容で、工夫してルールを徹底してもらうことが大切です。

どうしたらいいのかわからない、など困ったときは、当支援センターにご相談ください。

カウンセラーが親御さんとご一緒にサポートいたします。

 
発達障害のことでお悩みではないですか?
 
 
発達障がい支援センターでは、『発達障がい克服!無料メルマガ』を発行しています。
 
発達障がい克服!無料メルマガは、今までに10万人以上の方にお読みいただいており、発達障害の悩みを解決するための知識・知恵が詰まっています。
 
発達障害のことでお悩みの方は、ぜひ読んでみてくださいね。
ずっと無料で読め、いつでも解除することもできます。
 
 
 
 

-心理カウンセラーのブログ

Copyright© 発達障がい支援センター , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.