心理カウンセラーのブログ

夏休みだからこそ、好きなことを!

更新日:

こんにちは。発達障がい支援センターの水野幸子です。

毎日暑いですね。
そして、朝、子どもたちの声が聞こえないな、なぜなんだろうと考えて、
そうか、夏休みに入ったんだと気づいていました。

発達障害のお子さんの親御さんは、今年の夏休みはどのように過ごしたいと考えてますか。

夏休みだからこそ、苦手なことを克服しないと。

夏休みだからこそ、好きなことを思いっきりやらせたい。

相反する気持ちが心の中で、綱引きをしているのではないでしょうか。

できることなら、この綱引きは「好きなことを思いっきりやらせたい」に勝って欲しいと思います。

発達障害のお子さんは、

・どうしてみんなと同じにできないの
・なんで、そんなことばかりしているの
・また、忘れ物をしたのか
・何度も同じことを言わせないで

といった、お子さんを苦しめる言葉を浴びても、頑張って学校に行っていました。

頑張って学校に行っていて心の中は

・どうしてできないのだろう
・忘れ物をしてくて忘れ物をしているんじゃない
・なんで、みんなは気にならないのだろう
・どうして、みんなのようにできないのだろう
・もう、自信ない。もうイヤだ

と、思っていた可能性があります。

ですので、夏休みは誰に気兼ねすることなく、思いっきり好きなことをして、自信をつけて欲しいのです。

お子さんはどんなことが好きですか?

分からないという親御さんは、お子さんに聞いてみましょう。

もし、お子さんも分からないということであれば、
・どこにおでかけしたいかな
・何をして遊びたいかな
・○○と△△・・・と候補をあげて選んでもらう

親御さんからヒントをあげてみましょう。

お子さんは、好きなことの話をしてくれるでしょう。

その時に面倒だなと思わずに、話を聞くことを優先してください。

お子さんの特性で、話し出すと止まらないときは、〇がしたいから、〇時○○分までね。
と、理由と何時まで話を聞くことができるのか伝えましょう。

そうすれば、時間のことを忘れて話をしているときに、もう、約束の時間だからと伝えれば、そうだったと気づいてくれます。

今年の夏休みは、発達障害のお子さんと一緒に、思いっ切り遊んでみましょう。



 
発達障害のことでお悩みではないですか?
 
 
発達障がい支援センターでは、『発達障がい克服!無料メルマガ』を発行しています。
 
発達障がい克服!無料メルマガは、今までに10万人以上の方にお読みいただいており、発達障害の悩みを解決するための知識・知恵が詰まっています。
 
発達障害のことでお悩みの方は、ぜひ読んでみてくださいね。
ずっと無料で読め、いつでも解除することもできます。
 
 
 
 

-心理カウンセラーのブログ

Copyright© 発達障がい支援センター , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.