心理カウンセラーのブログ

色々な考え方があるのを知れば楽になる

更新日:

こんにちは。発達障がい支援センターの水野幸子です。

発達障害のあなたは、しんどいな、辛いな、と思ったときに、どんな方法で対応していますか?

今日は、一つの対応方法をお伝えします。

それは、人によって考え方が違う。ということを知っていることです。

有名な句を思い出してみましょう。

「鳴かぬなら 殺してしまえ ほととぎす」織田信長

「鳴かぬなら 鳴かせてみせよう ほととぎす」豊臣秀吉

「鳴かぬなら 鳴くまで待とう ほととぎす」徳川家康

戦国時代に活躍している3人の、個性が出ていると言われている句です。

あなたなら、鳴かないほととぎすに対して、何と思うでしょうか。

例えば、
あなたが、徳川家康と同じ、鳴くまで待とう。の考え方だとします。

上司が、織田信長の殺してしまえの考え方だとしたとき、あなたは職場で楽しく過ごせているでしょうか?

早く成果を出したい織田信長タイプの上司からすると、相手を尊重する徳川家康タイプのあなたのことを、なぜさっさとやらないのだ!と、イライラしてみているかもしれません。

成果を出したい上司は、早くやるようにプレッシャーをかけてくるでしょう。

あなたは、やるべきことをやっているのに、なぜこんなにプレッシャーをかけられるのか分からない。と、苦しむかもしれません。

あなたにとっては、怖い上司であり、職場は苦痛な場所になります。まさに戦場です。

逆に、上司が徳川家康タイプで、あなたが織田信長タイプだとします。

あなたは、仕事をどんどん進めたいのに、上司に、どうしてここはこうしたの。これはもっと考えて、と言われるかもしれません。

あなたにっとって、上司は口うるさくて、決断力がなくて情けないとうつり、イライラする職場になります。下剋上を起こしたくなるかもしれないですね。

では、上司もあなたも、豊臣秀吉タイプだったらどうでしょう。

考え方が同じなので、仕事の進め方も似ています。
仕事が進んでやりやすいでしょう。

あなたにとっては、とても良い上司であり、とても楽しい職場になります。

どうでしょう。

人は1人づつ違う考え方を持っている。
同じ考え方の人といれば楽だけど、違う考え方の人といると、辛いことがある。ということはわかっていただけましたか。

違う考え方の人といて辛いときは、この人は考え方が違う。
見ている視点が違う。ということを理解しましょう。

例えは職場にしましたが、学校、部活やサークルでも、目指しているゴールは同じです。
ただ、ゴールまでのやり方や進み方が違うということです。

決して、あなたを嫌って意地悪しているわけではないのです。

あなたのやり方とは違うことで、苦痛を感じるかもしれませんが、
こういうやり方をするんですね。
こういうやり方もあるのか。と、思えるようになると、楽になりますよ。

このブログがあなたのお役に立てれば幸いです。
今日も楽しい1日をお過ごしください。

 
発達障害のことでお悩みではないですか?
 
 
発達障がい支援センターでは、『発達障がい克服!無料メルマガ』を発行しています。
 
発達障がい克服!無料メルマガは、今までに10万人以上の方にお読みいただいており、発達障害の悩みを解決するための知識・知恵が詰まっています。
 
発達障害のことでお悩みの方は、ぜひ読んでみてくださいね。
ずっと無料で読め、いつでも解除することもできます。
 
 
 
 

-心理カウンセラーのブログ

Copyright© 発達障がい支援センター , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.