心理カウンセラーのブログ

癇癪を起こしたとき

更新日:

こんにちは。発達障がい支援センターの水野幸子です。

あなたは、こみ上げてくる感情が抑えることが出来ず、感情のままに行動したことはありませんか。

・大声をあげる

・物にあたる

・大泣きをする。

など、色々あると思います。

こうなると、その状態で、何を言われても、聞く耳がないということは、経験で知っていますよね。

爆発している感情が落ち着かないことには、話しを出来る状態ではないですよね。

それは、発達障害のお子さんも同じ事です。

発達障害のお子さんが、何かがきっかけで癇癪を起こすことがありますよね。

そのとき、親御さんはどのように対応されていますか?

ご自分がどのように対応して欲しいかを考えると、わかりやすいです。

癇癪を起こしてしまったのなら、癇癪が落ちつくまでそのまま、そっとしておくことが大切です。

そして、親御さんは、発達障害のお子さんの癇癪に、引きずられないようにしましょう。

一番いいのは、そのまま側にいて、癇癪が落ちつくのを見守ることです。

でも、癇癪を起こしているのをみると、親御さんも感情を動かされますよね。

イライラしきて、いい加減にしなさい。と怒鳴りたくなることもありますよね。

癇癪を起こしているときに、怒鳴ることは、火に油を注ぐようなことになり、逆効果になります。

親御さんの感情は、冷静でいることが大切なので、側で見守ることが困難なときは、部屋から出ましょう。

発達障害のお子さんも、親御さんも、クールダウンの時間を取りましょう。

お子さんが落ちついた頃に、お子さんの側に行ってあげてください。

お子さんに質問してもいいかな、という頃合いで、話しかけてあげてください。

癇癪を起こした原因を聞いてみましょう。

癇癪を起こしたときの感情を点数で表してみましょう。

落ちついている今が0点。今までで一番怒っている、感情が動いているときは、10点。

では、さっき怒っていたときは何点だったか聞いてみて下さい。

発達障害のお子さんに、自分が何点までいくと、感情がコントロールできなくなるんだと、知るきっかけになります。

何が原因で、癇癪が起きやすいのかも、気付いていくことができます。

発達障害のお子さんが、癇癪を起こすと、親御さんも悲しくなりますよね。イライラしますよね。

今日からは、発達障害のお子さんの癇癪をより知るために大切なこと、と切り替えてみませんか。

お子さんのパターンが分かれば、お子さんにこういうときに、癇癪が起こりやすいと教えてあがることができます。

・癇癪が起きるパターンを知る。

・感情が何点まで上がってくると、癇癪を起こすのか知る。

・原因を取り除ける物は取り除く。

・感情の点数が上がってきたときの対処法を探しておく。

対応方法を見つけ、実行していくことで、癇癪と向き合うことができます。

癇癪を起こさないで、いやだから、困るから、と思っているだけでは前に進めませんよね。

親子で辛くなってしまいます。

癇癪は、起こしている本人も、見ている親御さんも辛いものです。

少しでも、癇癪が起きないように工夫していきましょう。

発達障害のお子さんの子育ては、周りの子と違うなど、悩むことも多いかと思います。

そんなときに、発達障がい支援センターのメルマガがお役に立てると思います。
発達障がい支援センターの無料メルマガを登録してみませんか。

登録はこちらをクリックしてくださいね
 ⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩
発達障がい克服!無料メルマガ


それでは、今日も楽しい1日をお過ごし下さい。

発達障がい支援センター 水野幸子でした。



 
発達障害のことでお悩みではないですか?
 
 
発達障がい支援センターでは、『発達障がい克服!無料メルマガ』を発行しています。
 
発達障がい克服!無料メルマガは、今までに10万人以上の方にお読みいただいており、発達障害の悩みを解決するための知識・知恵が詰まっています。
 
発達障害のことでお悩みの方は、ぜひ読んでみてくださいね。
ずっと無料で読め、いつでも解除することもできます。
 
 
 
 

-心理カウンセラーのブログ

Copyright© 発達障がい支援センター , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.