心理カウンセラーのブログ

できないことは悪いことなのか?

更新日:


こんにちは、発達障がい支援センターの神谷今日子です。


昨日は、他の心理カウンセラーたちと、Zoomで研修を受けました。


私たち心理カウンセラーは、既に心理学の知識は持っています。

ただ、定期的に研修やセミナーに参加することで、学びを深めており、より良いカウンセリングをしていくために、日々、研磨しています。


昨日の研修では、大勢の人の前で、私が中心になってやることも多く、正直、少し緊張しました!


そんな時に思い出したことが、発達障害の方にも役に立つと思ったので、今回はそれをブログに書きます。

発達障害のあなたは、できないことに直面した時、どう思いますか?

発達障害のあなたは、できないことが悪いことだと思ってはいませんか?


誰しも、できないことに直面することってありますよね。

あれ、失敗した!ってこともあるし、

自分の今の能力では、ここまで達成できないな…ってこともありますよね。


特に、発達障害の方は、特性によって、どうしてもできないことに直面することが多い傾向にあります。


そんな時に、発達障害のあなたはどう考えますか?


多いパターンとして、自分を責めてしまうことがあるかもしれませんね。

こんなこともできない私はダメだ。

できなくてはいけないのに、できないなんて良くない。


こんな風に、「自分って…」と思ってしまうことってありますよね。

中には、無気力になってしまう方もいます。

私も、10年ほど前は、そのようになることがほとんどでした。


ただ、今回のブログで一つ、覚えておいていただきたいことがあります。

それは、『できないことは悪いことではない』ということです。


確かに、学校などでは、成績で比べられたり、順位が良い順に並べられたりすることが多いです。

そういった環境の中では、どうしても、『できるのが良くて、できないのが悪い』と思いやすいのです。


ただ、本当にそうでしょうか?

ちょっと考えてみてください…。


実は、何かができてもできなくても、その人の良い悪いが決まるわけではありません。

そして、あなたに、何かできないことがあっても、あなた自身の価値は変わらないのです。


小さい子どもを見ていると、そうですよね。

まだまだできないことはいっぱいあっても、それが悪いわけでもありません。
それに、できないことが多い子どもは価値がないとか、そんなことも一切ないはずです。



なので、できないことがあった時も、できないことが悪いわけではないんだよな…と思い出して、あなたはあなたの味方でいてくださいね。

あなたを一番愛せるのは、あなた自身ですから^^



ということで、人は一生成長なので、当然私も、研修で、「あれ!ここ、私まだできてないな!」と思うことに出くわします💡

でも、今の自分が悪いわけでもなく、今の私には価値がないわけではないのです。


できないからといって、悪いわけでもないし、自分の価値が変わるわけでもない。


今日は、このことを覚えておいてくださいね♪

そして、何かにチャレンジすることを楽しんでいただければと思います!


では、今日のブログは、心理カウンセラーの神谷今日子がお送りしました。


 
発達障害のことでお悩みではないですか?
 
 
発達障がい支援センターでは、『発達障がい克服!無料メルマガ』を発行しています。
 
発達障がい克服!無料メルマガは、今までに10万人以上の方にお読みいただいており、発達障害の悩みを解決するための知識・知恵が詰まっています。
 
発達障害のことでお悩みの方は、ぜひ読んでみてくださいね。
ずっと無料で読め、いつでも解除することもできます。
 
 
 
 

-心理カウンセラーのブログ

Copyright© 発達障がい支援センター , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.