心理カウンセラーのブログ

可能性は無限大

更新日:


こんにちは、発達障がい支援センターの神谷今日子です。

突然ですが、発達障害のあなたは、自分の可能性を信じていますか?

また、発達障害のお子さんを持つ親御さんは、お子さんの可能性を信じていますか?


毎日生きていると、自分には可能性がないと感じることってありますよね。

あれがやりたいけど、私にはできないんじゃないだろうか…

自分には自信がない…



特に、発達障害の方は、特性による失敗経験の多さから、自分の可能性を信じられなくなってしまうことも多いです。


今日は、そんな、「可能性」についてお話していきます。


まず、あなたはどうして、自分には可能性がないと思いますか?

以前に、やってみてもできなかったから、どうせできないと思う

私には能力がないと思うから

学校の先生にできないと言われたから


色々な理由がでてくるかもしれませんね。



ただ、多くの方は、可能性に対して、条件をつけています

まずは、その条件を見直してから、ご自身の可能性について考えてみましょう。



例えば、「以前に、やってみてもできなかったから、どうせできない」と思っている方の場合。

「過去にできたものでなければ、やることができない」という条件がついているのです。

「以前できなかった=今できる可能性がない」ということですものね。


しかし、よく考えてみると、この条件が成立するのであれば、大変なことになってしまいます。

私たちは、生まれた時、歩くこともしゃべることもできませんでした。
最初からできたことなんてほとんど何もなかったのです。

となると、私たちは、未だに、歩くこともしゃべることもできていないはず…ですが、できていますよね💡


こんな風に、条件をよく考えてみると、意外と正しくないことも多いのです。


他にも、

このスキルがなければ、○○にはなれない。

こうでなければ、○○にはなれない。

もう若くないから、できない。

経験不足だから、できない。

他の人にできないと言われたことはできない。

才能がなければ、できない。

等々、色々な条件をつけて、可能性を狭めてしまう方も多くいます。



かつての私も、例に漏れず、

精神疾患になったことがある人は心理カウンセラーになれないんじゃないか?
発達障害があると心理カウンセラーになれないんじゃないか?

といった条件をつけて、自分の可能性を狭めていました。


しかし、意外とそのようなことはなく、過去の経験を活かして心理カウンセラーになっている人もたくさんいることを知りました。



なので、本当は、可能性は無限大なのですね。

私たちが色々な条件をつけているから、狭く見えるだけで…。



発達障害のあなたも、自分の可能性に条件をつけていませんか?

でも、振り返ってみると、少しずつではあるけれども、できることが増えていませんか?


ここに気付けると、私もあなたも、もっと人生を楽しむことができます。

ぜひ、可能性は無限大であることを忘れないでいてくださいね。


ということで、今日は心理カウンセラーの神谷今日子がお送りしました。

See you~♪

 
発達障害のことでお悩みではないですか?
 
 
発達障がい支援センターでは、『発達障がい克服!無料メルマガ』を発行しています。
 
発達障がい克服!無料メルマガは、今までに10万人以上の方にお読みいただいており、発達障害の悩みを解決するための知識・知恵が詰まっています。
 
発達障害のことでお悩みの方は、ぜひ読んでみてくださいね。
ずっと無料で読め、いつでも解除することもできます。
 
 
 
 

-心理カウンセラーのブログ

Copyright© 発達障がい支援センター , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.