心理カウンセラーのブログ

感覚過敏のお花見

投稿日:

こんにちは。発達障害支援センター の水野幸子です。

あなたの住んでいる地域の桜はどんな状態でしょうか?

今年もお花見シーズンになりましたね。

あなたは、毎年お花見をしていますか?

私は、場所取りしてのお花見や、カラオケを用意してのお花見というのは、したことがないかも。遠い記憶を思い出して、あっても2回かな。と、さっき気がつきました。

毎年、生活圏の桜を通りすがりに見ています。

それでも、桜を綺麗と感じます。桜の花びらが舞うのを見ると、あ、散ってしまうのね。と思います。

今年も去年同様コロナ禍なので、例年のように、お弁当を持って場所取りしてというお花見はできないと思います。

散歩しながらのお花見は、コロナ予防対策をしていけば、充分可能ですよね。

さて、今回はお花見に行くときに気をつけて欲しい、発達障害の特性についてのお話しです。

発達障害の特性に、感覚過敏があります。

聴覚:音に敏感。突然の大きな音が苦痛に感じる。特定の音や声が苦手。

視覚:光に敏感。光をとても眩しく感じる。

臭覚:臭いに敏感。他の人が感じない臭いを感じる。特定の臭いが苦手。

味覚:特定の味をすごく嫌がる。

触覚:人に触れられるのが苦手。

前庭覚:乗り物酔いをしやすい。

固有覚:力加減が難しい。

感覚過敏のあなたがお花見に行くときは、充分に注意して行きましょう。

特に、視覚過敏、臭覚過敏の特性を持っているお子さんへの配慮を、親御さんにはしていただきたいと思います。

お花見の時に、どんなことが起こりうるでしょうか。

聴覚過敏では、
大きな声、笑い声がいつどこで起こるか分かりません。もしかしたら、爆竹を鳴らす人がいるかもしれません。

視覚過敏では、
・桜は小さな花が沢山咲いています。それを見ることで、気分が悪くなるなどの、何らかの症状がでるかもしれません。
・桜のうしろから入ってくる日の光や、反射した光が眩しすぎる。と感じるかもしれません。
・人が大勢いた場合、多くの人が動くのを見て、気持ち悪くなるかもしれません。

臭覚過敏では
・桜の香りで気持ち悪くなるかもしれません。
・お弁当の臭いで体調が悪くなるかもしれません。

触覚過敏では
・桜を夢中で見ていると、周りの人に気付かずに、ぶつかったりするかもしれません。その時に、苦手な素材の服に触れるかもしれません。
・桜の時期は、寒暖差が激しい時期でもあります。体温調整がうまくできない可能性があります。

発達障害の特性は、同じ特性であっても、1人1人感じ方などが違います。

なので、かもしれません。という曖昧な表現になってしまいました。

それでも、可能性があるので、お伝えしたいと思いました。

感覚過敏の特性をお持ちの場合、普段から気をつけて対処されていると思います。

お花見となると、気持ちもウキウキしてくるので、大丈夫って思いがちです。

万が一に備えて、しっかり対処できるように準備をして、お花見を楽しみましょうね。

今日も1日を楽しみましょう。

発達障がい支援センター 水野幸子でした。

 
発達障害のことでお悩みではないですか?
 
 
発達障がい支援センターでは、『発達障がい克服!無料メルマガ』を発行しています。
 
発達障がい克服!無料メルマガは、今までに10万人以上の方にお読みいただいており、発達障害の悩みを解決するための知識・知恵が詰まっています。
 
発達障害のことでお悩みの方は、ぜひ読んでみてくださいね。
ずっと無料で読め、いつでも解除することもできます。
 
 
 
 

-心理カウンセラーのブログ

Copyright© 発達障がい支援センター , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.