心理カウンセラーのブログ

発達障害と、「片付けられない」理由

投稿日:

こんにちは。

発達障がい支援センター代表の、丸山卓也です。

あなたは、発達障害のことでお困りではありませんか。

また、

・片付けが苦手

・いつも部屋がゴチャゴチャしている

・どこに何があるのか分からない

・必要なものが見つからない

そういうことはありませんか。

発達障害のありなしに関わらず、片付けが苦手な人は多いように感じます。

私は、片付けが苦手です。

子どものころから、よく探し物をしていました。

部屋に遊びにきた友達に、「ちゃんと片付けろ」とよく言われたものでした。

頑張って片付けをして、部屋をキレイにするんですが、時間がたつとまたゴチャゴチャになってしまうんですよね。

あなたはいかがでしょうか。

本日は、発達障害のことでお困りのあなたと、

また、「片付けるのが苦手」なあなたと一緒に、

「片付けられない」理由について考えていきます。

なぜ私たちは「片付けられない」のでしょう。

答えは簡単です。

「持ち物が多すぎる」からです。

…そんなことは分かっている、という声が聞こえてきそうですね。

もう少し詳しく説明します。

「片付けられない」理由は、

「物を管理する能力にたいして、持ち物が多すぎる」からです。

あなたは、物を管理する能力は高いですか。

・部屋が、物でゴチャゴチャにならない

・物を整理、整頓できる

・片付けが得意だ

・どこに何があるのか分かる  等

このような人は、「物を管理する能力が高い」といえます。

自分の持ち物を、じゅうぶんに管理できているからです。

一方で、

・部屋が、物でゴチャゴチャしやすい

・なかなか物を、整理、整頓できない

・片付けが苦手だ

・どこに何があるのか分からない  等

このような人は、「物を管理する能力が低い」といえるでしょう。

自分の持ち物の管理が、なかなかできないからです。

あなたの、「物を管理する能力」の高さはいかがでしょうか。

私は、おせじにも高いとはいえません…。

でも、大丈夫です。

仮に、「物を管理する能力」が低くても、片づけられるようになります。

その方法が、【物を管理する能力にあわせて、持ち物の数を減らす】なんですね。

【持ち物を、自分が管理できる数になるまで、減らす】わけです。

例えば。

Aさんは、物を管理する能力が「10」あるとします。

しかし、Aさんは物を「20」も持っています。

Aさんの部屋は、どうなるでしょう。

かなり、ゴチャゴチャしていると思われます。

なぜなら、物を管理する能力にたいして、持ち物の数が多すぎるからです。

そこでAさんは、いらない物を捨てて、持ち物の数を「12」になるまで減らしました。

部屋はどうなるでしょうか。

だいぶ、片付きました。

ですが、Aさんの、物を管理する能力は「10」です。

まだ少し、物の管理は大変そうです。

それから。

Aさんは、持ち物の数を「9」になるまで減らしました。

部屋はすっかりキレイになりました。

ときには散らかることもありますが、以前よりスムーズに片付けることができます。

以上が、【物を管理する能力にあわせて、持ち物の数を減らす】方法です。

片付けられない理由は、物を管理する能力にたいして、持ち物が多すぎるからです。

それならば、【自分が管理できる量になるまで、持ち物を減らす】のが効果的です。

もちろん、物を減らす、つまり物を捨てることが苦手な人もいるでしょう。

大丈夫です。

いきなり物を捨てなくても、

・自分の、管理できる物の量はどれくらいか

・それに対して、自分が持っている物の量はどれくらいか

この2点を意識するだけでも、効果はあります。

ぜひ一度、【自分と物を見直して】いただけたらと思います。

本日は、発達障害のことでお困りのあなたと、

また、「片付けるのが苦手」なあなたと一緒に、

「片付けられない」理由について考えました。

それでは。

一緒に、今日を心おだやかに過ごしましょう。

発達障がい支援センター代表 丸山卓也

 
発達障害のことでお悩みではないですか?
 
 
発達障がい支援センターでは、『発達障がい克服!無料メルマガ』を発行しています。
 
発達障がい克服!無料メルマガは、今までに10万人以上の方にお読みいただいており、発達障害の悩みを解決するための知識・知恵が詰まっています。
 
発達障害のことでお悩みの方は、ぜひ読んでみてくださいね。
ずっと無料で読め、いつでも解除することもできます。
 
 
 
 

-心理カウンセラーのブログ

Copyright© 発達障がい支援センター , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.