心理カウンセラーのブログ

困っていいのです

更新日:

発達障がい支援センター 心理カウンセラーの
小蔦美奈子(こつたみなこ)です。



発達障害のあなたは、
困っている人を見て
助けてあげたいと思ったことはありますか?





これから、私が感動した、
ある病院での出来事をお話しますね。




ある時、大きな地震が
その病院に襲いかかってきました。



入院患者の人たちは、
慌てふためいて逃げまどっていました。



看護師や医師が避難を誘導しているのですが
とても手が足りません。




すると、
ベッドで横たわっていた
重症患者の人たちが起き上がり
まだベットで動けない人たちを
誘導し始めたのです。

その誘導していた重症患者たちは
ずっと、寝たきりで動けない患者たちだったのです。




隣で自分と同じように寝ている患者を見て
ただ、「助けなければ」という一心で
とっさに判断したのでしょう。


条件反射というのでしょうか?

火事場の底力なのでしょうか?



人間には、ピンチになると
自分でも思いも寄らない
力を発揮することがあるのです。


助ける人と

助けてほしい人



それぞれが、
それぞれの立場で
今できる最大限の力を
発揮できるのが、人間なのです。






発達障害のあなたは
それを聞いてどのように思いましたか?



人間には、
底知れないパワーがあるのですね。




その力は、
いざという時、ここぞという時
自分でも信じられないくらいの
パワーを持っているのです。

発達障害のあなたにも
そのパワーは持っているのです。




また、
1人では抱えきれない悩みでも
皆で力を合わせれば
解決できることもあるのです。





発達障害のあなたは、
今、困っていて
助けてほしいと思っていますか?



それとも今、困っている人を見て
助けたいと思っていますか?





そのどちらも、
必ずあなたには意味があるのです。



その、今の気持ちに
正直になっていいのです。




発達障害のあなたが
今、とてもつらいのでしたら、
正直に「助けて」と声に出していいいのです。


なぜなら、
あなたが今、つらい気持ちを
隠しているということは、
自分に嘘をついていることになるからです。



自分に嘘をついていると
本当の自分がわからなくなってしまいます。

本当の自分がわからなくなってしまうと
何がしたいのかも
わからなくなってしまうからです。






発達障害のあなたは、
目の前に困っている人がいたら
助けてあげたいと思いますか?




その気持ちは、とても素晴らしいです。


・道に迷って困っている人がいる

・重い荷物を持って階段を昇っている

・電車の中で腰の曲がった老人が立っている



あなたが本当に助けてあげたい。
と思うのでしたら勇気を持って
声をかけてみてください。




すると、お互いに心が暖かくなり、
発達障害のあなたが
助けた人がまた、
他の誰かを助けようと思うのです。




私たちカウンセラーも同じです。





発達障害で困っているあなたを
助けるためにここにいるのですから。





学校教育では、
わかる人、できる人が手を上げる
ことが多かったですね。

それはなぜだかわかりますか?




それは、学校の先生が
自分の教えかたが間違えていないか
確かめなくてはならないからです。




それに合わせて、
テストの内容をそして進路を
決めなければならないからなのです。


そして、できる人
わかる人がお手本になって
相乗効果があることを
先生は知っているからなのです。





もちろん、学校教育は大切です。



学ぶことは、自分を成長させてくれます。



他者と関わることで、自分の姿を客観的に
みることができます。




かけがえのない友人と
出会うこともあるのですから。

大人になって、
お金を支払ってでも
まだまだ学びたいと思う人も
いるくらいですから…




私も含めてですけどね。

学校を卒業して
社会に出たら、
状況は一変します。


別世界になります。




学校のように、
テストなどありません。

学校のように、
先生がいるわけでもありません。


あなたの、いままでの経験
あなたの先生になるのです。

発達障害のあなたが、
この人は自分のお手本にしたいな
という生き方の人を探すことが大切になります。



発達障害のあなたが
興味のあることに挑戦して
自分を知ることが大切になります。



その全ては、
発達障害のあなたが生きてきた経験が、
あなたの人生を創りだせる事になるのです。


そして社会は
互いに、できることを発揮して
助けあうことができるのです。

 
 だから、病院があります。


 だから、消防署があります。


 だから、警察署があります。


 だから、スーパーがあります。


 だから、電車やバス、飛行機があります。


みんなそれぞれ、
自分が一番輝ける場所で
一生懸命生きているのです。




発達障害のあなたも
一番輝ける場所が、
かならずあるはずです。


そして、発達障害のあなたが
生きづらさや悩み事で困っているのでしたら
勇気を持って手を、声をあげてくださいね。


なぜなら、
思っているだけでは
伝わらないのですから。



発達障害のあなたが
手をあげて行動を起こすことができたら、



声を出して助けてと
言えることができたのなら、



その手に、その声に気づいて
救い出せる人が、
必ず現れるのですから。







 
発達障害のことでお悩みではないですか?
 
 
発達障がい支援センターでは、『発達障がい克服!無料メルマガ』を発行しています。
 
発達障がい克服!無料メルマガは、今までに10万人以上の方にお読みいただいており、発達障害の悩みを解決するための知識・知恵が詰まっています。
 
発達障害のことでお悩みの方は、ぜひ読んでみてくださいね。
ずっと無料で読め、いつでも解除することもできます。
 
 
 
 

-心理カウンセラーのブログ

Copyright© 発達障がい支援センター , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.