心理カウンセラーのブログ

自分の常識をつくろう

更新日:

こんにちは、発達障害支援センターの水野幸子です。

発達障害のあなたにとって、常識とはどういうものですか?

例えば、13時半から予定があります。何時に行くのが常識なのでしょうか?

予定と大きく表現しましたが、予定にも色々な内容がありますよね。

・会議
・取引先に行く
・上司と会う
・先輩と会う
・友達と会う
・家族に会う
・恋人に会う
・趣味の習い事
・映画
・などなどその他

どんな予定でも、10分前に行く人。5分前に行く人。ジャストの時間に行く人。
会議なら10分前だけど、家族なら10分遅れが当たり前、という人。
人によって違うと思います。

それに、所属しているところの常識があるかもしれないですよね。

所属しているところの常識とは
・会社のルール
・学校のルール
・住まいの地域性
などのことです。

南国は、比較的のんびりとした地域性なので、約束の時間に集まることはない、と聞いたことがあります。

発達障害のあなたは、常識に苦しんでいませんか。

周りに合わせなければならない。
あわせられない私はダメなんだ。

と、自分を責めてきたのではありませんか。

でも、先にお話したように、常識は当たり前のようで当たり前ではないのです。
予定や相手、地域性で集合時間が変わるように、常識は1つではないのです。

ならば、発達障害のあなたが生活しやすい、あなたの常識をつくりませんか。

発達障害のあなたが、みんなといるのが当たり前、というのが常識なんだと思っているとします。
あなたは、自分から進んで、上司や先輩との飲み会や友達との遊びに参加しています。
でも、早く帰りたいな、1人になりたいなという思いが強くて、みんなといることを苦痛に感じています。

あなたは、みんなといるのと、1人でいるののどちらが好きですか?
自分で自分に質問してみましょう。

本当は、あなたは1人でいるほうが好きだと分かれば、1人でいていいよと、あなたの常識をつくればいいのです。

ここで注意してほしいことがあります。

注意1
憲法、法律、条令といった、破ると警察のお世話になることはしてはいけません。
しっかり守りましょう。

注意2
1人でいると決めたから、みんなと一緒にいてはいけない、という考え方をしないでください。
絶対にそうしなければならない、というものではないのです。
どちらかというと1人でいるほうが好きなタイプだけど、今日はみんなといたい気分、というときは、
飲み会、食事会に参加していけばいいのです。
大切なのは、その時にあなたがどうしたいのか。心からしたいと思うことを選択していくのです。

あなたが、普段の生活で苦痛に感じていることで、本当はこうしたい、こっちのほうが楽、というのがあれば、あなたが楽と感じることを優先するようにしていきましょう。

あなたの人生の主人公はあなたです

あなたはあなたの人生を、
他人が決めた常識に振り回されながら過ごしますか?
あなたの気持ちを大切にして過ごしていきますか?

私は、私の気持ちを大切にして過ごしていく人生を選びます。

このブログがあなたのお役にたてることを願って。
水野幸子でした。


 
発達障害のことでお悩みではないですか?
 
 
発達障がい支援センターでは、『発達障がい克服!無料メルマガ』を発行しています。
 
発達障がい克服!無料メルマガは、今までに10万人以上の方にお読みいただいており、発達障害の悩みを解決するための知識・知恵が詰まっています。
 
発達障害のことでお悩みの方は、ぜひ読んでみてくださいね。
ずっと無料で読め、いつでも解除することもできます。
 
 
 
 

-心理カウンセラーのブログ

Copyright© 発達障がい支援センター , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.