心理カウンセラーのブログ

発達障害 あなたはまともですか?

更新日:

発達障がい支援センターの青芝夏樹です。

あなたは、自分のことをまともな人だと思っていますか?

それとも、まともじゃないと思っていますか?

人とコミュニケーションを取るのが苦手だから、「まともじゃない」と思っているかもしれませんね。

仕事ができないから「まともじゃない」と思っていませんか?

普通の人となんとなく違うから、「まともじゃない」と思っていませんか?

そもそも、発達障害だから「まともじゃない」と思っているかもしれませんね。

まともとは?

辞書で「まとも」を調べると

1 まっすぐに向かい合うこと。正しく向かい合うこと。また、そのさま。真正面。「—に風を受ける」「—に相手の顔を見る」

2 策略や駆け引きをしないこと。また、そのさま。「—に戦ってはとても勝てない」

3 まじめなこと。正当であること。また、そのさま。「—な人間になりたい」「これは—な金だ」

と出てきます。

ここでいう「まとも」は、3の意味で使っていると思われます。まじめなこと。正当であること。

つまり、世間一般から言って、「普通であること」をもって、まともということになると思います。

普通とは?

普通とはなんでしょうか?

「普通」は意味の範囲が広く、「どこにでも普通に生えている草」のように、ありふれている、珍しくないの意、「ごく普通の子」「普通科」のように、特に変わりがない・平均的・一般的なの意に使われます。 

つまり、平均的なということです。つまり、言い換えると多数派かどうか?

世の中には、最近、発達障害という言葉がよく聞かれるようになりましたが、多数派ではないですね。少数派ですね。少数派は、「まともではない」と言われてしまいます。

あなたが「まともなない」と感じているのは、多数派じゃないということです。

ですので、「まともじゃない」と言われたら、「多数派じゃない」と言われていると理解しましょう。

世の中は、多様性を認められる時代になってきています。つまり、少数派が認められる時代になってきています。あなたは、「まともじゃない」と自分の評価を下げる必要は全くないのです。

多数派か少数派かどうかだけです。

しかし、世の中はまだまだ認めない人も多いのが現状です。あなたから、いろんな多数派の人を認めていきましょう。

時代は変わってきています。時代に乗った生き方をしていきましょう。

 
発達障害のことでお悩みではないですか?
 
 
発達障がい支援センターでは、『発達障がい克服!無料メルマガ』を発行しています。
 
発達障がい克服!無料メルマガは、今までに10万人以上の方にお読みいただいており、発達障害の悩みを解決するための知識・知恵が詰まっています。
 
発達障害のことでお悩みの方は、ぜひ読んでみてくださいね。
ずっと無料で読め、いつでも解除することもできます。
 
 
 
 

-心理カウンセラーのブログ

Copyright© 発達障がい支援センター , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.