心理カウンセラーのブログ

どうやって気持ちを伝える

投稿日:

こんにちは、発達障がい支援センターの水野幸子です。

自分の気持ちを人に伝えることは、簡単なようで難しいです。

息子とのやりとりで、あれだけ話して、あれだけ確認したのに、なぜ今その質問?と驚くことがありました。

話をすることは10%しか相手に伝わらないと言われています。
90%はどこかにいってしまうのです。

発達障害のあなたは、どうして伝わらないのだろう、と思ったことはありませんか。

その原因の一つは、10%しか伝わらないです。

他の原因はなんでしょうか。

発達障害の特性を理解していないかもしれない、ということです。
発達障害のあなたが、何が得意で何が苦手なのか、理解をしていると対処の仕方が分かります。

あなたは、どんな方法で自分の気持ちを伝えていますか。

口頭で伝える。
文章にまとめて伝える。
図や絵にして伝える。

どれが得意なのか考えてみましょう。

もし、どれも得意ではないと思ったのなら、苦手なもの順にしてみましょう。
最後になった方法が、3つの中ではやりやすいということになります。

人に自分の気持ちを伝えるにためのポイントは

まずは、自分の気持ちや意見をまとめましょう。

まとめるときに意識をするのが 5W1Hです。

5W1Hとは、5つのWと1つのHのことです。

いつ(When):時間

どこで(Where):場所

だれが(Who):主体

何を(What) :対象となるもの、人や物

なぜ(Why) :理由や原因

どのように(How):方法や手段

ここに当てはめていくと、まとまりやすくなります

あなたが、週末何をしていたの、と聞かれたとします。

When 日曜日に
Where ○○モールの映画館
Who 私
What 映画を観た
Why おもしろそうだったから
How インターネットでチケットを買って

となりました。

相手に伝えるときは、順番を並べかえても大丈夫です。

Who 私は
When 日曜日に
Where ○○モールの映画館で
What 映画を観た

で、あなたが日曜に映画をみたことが伝わります。

もう少し具体的に伝えたいときには 
Why おもしろそうだったから
How インターネットでチケットを買って

を加えればいいのです。

もし、5W1Hは難しいと思ったときは、

最初に結論を言うことを意識します。

今から何について話をするのかを、最初に伝えるのです。
ブログで言うなら、タイトルが伝えたいことを表しています。

新聞を見ると、大きな字や太字で表現されています。
新聞を読んでいる人は、大きな字を読んで内容を知るために記事を読むのです。

あなたは週末何をしていたの?と聞かれた時、結論だけ答えると

映画を観た。になるのです。

この「映画を観た」の結論に詳細を付け加えていきます。

そのときに使えるのが、5W1Hです。

いきなり5W1Hは難しいと思うときは1つづつ加えていきましょう。

週末何をしていたの?と聞かれたとき。

その1 映画を観た と結論(行っていたこと)を答える

その2 ○○モールで映画を観た 場所を加えました

その3 私は○○モールで映画を観た  誰がを加えました

その4 私は日曜日に○○モールで映画を観た いつを加えました

このように、1つづ加えていくようにしてみましょう。
加える順番は、あなたの話やすい順番でいいですよ。

例題では「私が」になっていますが、「友達」と行ったことを話したいと思ったのなら、
友達と2人で映画を観た。と伝えればいいのです。

このように、まとめたことをあなたが得意とする方法で伝えると、今までよりも伝えることが楽になると思います。

発達障害のこと、もっと知りたいというあなたは、発達障がい支援センターの無料メルマガに登録して、メルマガを読んでみてくださいね。

1人で悩んでいて不安というあなたは、発達障がい支援センターの心理士があなたを応援しているということを、覚えていてくださいね。

それで、今日も楽しい1日をお過ごしください。

 
発達障害のことでお悩みではないですか?
 
 
発達障がい支援センターでは、『発達障がい克服!無料メルマガ』を発行しています。
 
発達障がい克服!無料メルマガは、今までに10万人以上の方にお読みいただいており、発達障害の悩みを解決するための知識・知恵が詰まっています。
 
発達障害のことでお悩みの方は、ぜひ読んでみてくださいね。
ずっと無料で読め、いつでも解除することもできます。
 
 
 
 

-心理カウンセラーのブログ

Copyright© 発達障がい支援センター , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.