心理カウンセラーのブログ

自由と〇〇は1セット

更新日:

こんにちは。発達障がい支援センターの水野幸子です。

発達障害のあなた、発達障害のお子さんの親御さんは、自由と聞くとどんなことを思い浮かべますか?

・動きたいときに動いていい
・叫びたいときに叫ぶ
・ずっと同じことをしていてもいい
・あれをやって、これをやってと次から次へと遊んでもいい
・1人でいてもいい
・どれだけでも好きなことをやれる
・何をしても、誰からも注意されない
・ゲームやり放題
・お菓子もたくさん食べていい

色々なことが浮かんできますね。

発達障害のあなたは、自由に好きなことをやって毎日過ごせたなら、とても楽しいだろうな、と思いますよね。私もそう思います。

では、あなたに自由な時間が与えられました。
あなたはお菓子を好きなだけ食べてみたいと思っていたので、食べたいだけ食べることにしました。
お菓子が朝昼晩ご飯の代わりになっています。

あなたは、今後どうなると思いますか

・食べ過ぎてお腹が痛くなる
・気持ち悪くなる
・体調が優れない

ということが起きてくるかもしれません。

お菓子を好きなように自由に食べていた発達障害のあなたは、お腹が痛くなりだしました。
どうしてだと思いますか。何が原因なのでしょう。

それは、自由にお菓子を食べていたからですね。

自由にお菓子を食べていたのは誰でしたか?
そう、あなたですよね。

発達障害のあなたは、自由にしてもいいと言った人が悪い。言った人の責任。と思うかもしれません。

自由にしていいよと言った人は、お腹が痛くなるまで食べるのも、お腹が痛くなるのは嫌だから、お菓子を食べるのはこのくらいにしておこうと決めるのも、あなたの自由なんですと言うでしょう。

自由にお菓子を食べることができます。
体調の管理も自分でやってね。自分で責任を持ってね。ということなのです。

つまり、自由と責任は1セットなのです。

自由にできるということは、自分の気持ちや行動に責任を持つことになるとうことを、覚えておいてくださいね。

それでは、今日も1日、自由な時間を楽しんでください。

 
発達障害のことでお悩みではないですか?
 
 
発達障がい支援センターでは、『発達障がい克服!無料メルマガ』を発行しています。
 
発達障がい克服!無料メルマガは、今までに10万人以上の方にお読みいただいており、発達障害の悩みを解決するための知識・知恵が詰まっています。
 
発達障害のことでお悩みの方は、ぜひ読んでみてくださいね。
ずっと無料で読め、いつでも解除することもできます。
 
 
 
 

-心理カウンセラーのブログ

Copyright© 発達障がい支援センター , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.