心理カウンセラーのブログ

そのままの自分でいい

投稿日:

 発達障がい支援センター

 真鍋良得です。

 発達障害がある人が生きづらさを感じる理由の多くが「わかってもらえない」ことにあります。

 子供の頃から「みんなちゃんとやってるのに何で君はやらないんだ」とか「君はやればできる子なんだから」とか言われて、がんばって、努力して、それでも結局できないまま。

 そうすると「ダメな子」「できない子」「やる気がない子」というレッテルを貼られ、自分でも「自分はダメな子」だと信じたまま大人になります。

 発達障害があっても、できることはたくさんあって、他の人と同じようにできることの方が多いのですが、できないことは全然できないので、そのことばかりが目立ってしまいがちです。

 できないと思っていても、やり方を工夫することでできるようになることはたくさんあるし、自分でできないことは誰かに助けてもらうことだってできます。

 できないことばかりにとらわれず、できることをどう生かすかを考えることが大切です。

 発達障害がある人は、なにか他の人よりも優れた部分を持っていて、他の人にはできないことができたりします。

 自分の得意なことを生かす方法はきっとあります。

 自分のすばらしさを自分自身がわかってあげて認めてあげれば、周りの人からもわかってもらえるようになっていきます。

 「わかってもらえない人」という思い込みを自分自身が捨てることができれば、生きづらさは解消していきます。


 「自分はダメな人」「自分には価値がない」という思い込みを捨てて、そのままの自分で生きていていいのです。




 
発達障害のことでお悩みではないですか?
 
 
発達障がい支援センターでは、『発達障がい克服!無料メルマガ』を発行しています。
 
発達障がい克服!無料メルマガは、今までに10万人以上の方にお読みいただいており、発達障害の悩みを解決するための知識・知恵が詰まっています。
 
発達障害のことでお悩みの方は、ぜひ読んでみてくださいね。
ずっと無料で読め、いつでも解除することもできます。
 
 
 
 

-心理カウンセラーのブログ

Copyright© 発達障がい支援センター , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.