心理カウンセラーのブログ

金銭トラブルに巻き込まれないように

投稿日:

こんにちは。発達障がい支援センターの水野幸子です。

先日、携帯ショップに行ってきました。

相談ごとはスムーズに終わり、さあ帰ろうかと思っていると、契約のコースを変えた方がお得になる、支払いはこうした方がお得ですよ。という案内がありました。

私自身、気になっていたことだったので、話しを聞いて、1つは断り、1つは変更をしました。

帰宅途中で、勢いに押されて変更してしまったかな?とちょっと考えてしまいました。

発達障害のあなたも、このような経験はないでしょうか?

発達障害のお子さんの親御さんには、親御さんが注意をしていても、お子さんを守り切れなくなるときがあります。

そうなる前に、お子さんとよく話し合いをして頂きたいです。

特に、人の気持ちが分からず、コミュニケーションがうまくできないという特徴のお子さんには、注意が必要です。

自閉症スペクトラムの子も、人の話をそのまま信じる素直さがあります。

言葉の裏に隠されていることが分からないので、騙されやすいのです。

高校生になってくると、学校にお金を持っていくようになります。

友達が、お財布を落としてしまって、お金無くて。お昼のパンを買えなくて困っているんだ。500円貸してくれないかな。明日返すから。 と、言ってきたとします。

1回目は、何も疑うことなく、お金を貸すでしょう。

ただ、貸したお金が返ってこず、また、お金足りなくて、困ってるんだ。お金貸してくれないかな。と言われたら、親御さんならどうしますか?

お金を返すと言って、返さない。それなのに、貸してと言ってくる。これはおかしいぞ。と思いますよね。

ところが、言葉をそのまま鵜呑みにしていしまう特徴のあるお子さんは、困っているんだ。助けてあげないと、とお金を貸してしまうのです。

この繰り返しをしていると、1回は少額でも、合計すると大きな額になっていることがあります。

騙してきた友達は、味をしめて、500円が1,000円に2,000円と、どんどん上がっていきかねません。

親御さんは、お子さんに、

・お金の貸し借りはしてはいけない

・頼まれても、お金を持っていないと断る

・相手が強く要求してきて貸してしまった場合は、すぐに、ご両親、先生に報告する、相談する

ということを、伝えてください。

このように、人の言葉を鵜呑みにして、騙されてしまったということは、大人になっても起こりえます。

勧誘されたときは、話しを聞く前に断る。ということを、教えてあげてください。

人の言葉に誘導されて、騙されてしまうことは、発達障害のあるなしに関わらず起こります。

騙されやすい人は、

・自分に自信がない

・みんなから好かれたい

・自分の気持ちがわからず、人に意見に左右される

・褒められると、その気になってしまう

・人の言うことを、なんでもかんでも信じてしまう。疑うことを知らない。

という特徴があります。

あなたに思い当たるところがあったのなら、注意をしてくださいね。

騙されにくい人の特徴は

・自分に自信がある

・みんなに好かれたいと思わない

・自分の考えをしっかり持っている。他人に意見に左右されない

・褒められても、その気にならない

・人の言っていることが本当なのかうそなのか、見極めようとする。

です。

騙され安い人の特徴と真逆になります。

騙されないようにする第一歩として、

あれ、おかしいな。あやしいな。と思ったときは、きっぱりと断るということを、意識するようにしましょう。

発達障害の対応方法をもっと知りたいと思ったあなたは、

発達障がい支援センターの無料メルマガを読んでみませんか。

登録はこちらをクリック
 ⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩
発達障がい克服!無料メルマガ

今日も楽しい1日をお過ごし下さい。

発達障がい支援センターの水野幸子でした。

 
発達障害のことでお悩みではないですか?
 
 
発達障がい支援センターでは、『発達障がい克服!無料メルマガ』を発行しています。
 
発達障がい克服!無料メルマガは、今までに10万人以上の方にお読みいただいており、発達障害の悩みを解決するための知識・知恵が詰まっています。
 
発達障害のことでお悩みの方は、ぜひ読んでみてくださいね。
ずっと無料で読め、いつでも解除することもできます。
 
 
 
 

-心理カウンセラーのブログ

Copyright© 発達障がい支援センター , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.