心理カウンセラーのブログ

発達障害 ゼロ百思考

更新日:

こんにちは。発達障がい支援センターの青芝夏樹です。

ASDの方の特徴として、ゼロ百思考をする方が多いです。

ゼロ百とは、正しいか間違っているかの2択です

点数でいうと、百点か0点かです。

水でいうと、凍っているか沸騰しているかのどちらかです。

おかしいのは、わかると思います。

点数でも20点、45点、65点、79点など中途半端な数値があるのが普通です。

水なら風呂に入るなら40℃、熱燗なら50℃、発酵させるなら60℃と適温があります。

それと同じなのに、思考となると0か100となってしまうのです。

まず、それに気づくことが大切なのです。

なぜ、そう思ってしまうのか?

あなたの中に観念があるからです。観念とは、主観的な物事の捉え方のことで、あなたの判断基準になっています。

その基準から外れたら、0点となって、合っていたら100点となるのです。

ルールは守らなければならないと思っていたら、ルールを守らない人は0点です。守っていたら100点です。

自分はルールを守るので、守らない人がいると腹が立つのです。
あなたの中では当たり前なのです。それを人にも強要してしまいます。

例えば、信号を守るのは当たり前ですよね。

車通りの多い横断歩道では、ほとんどの人が信号を守るでしょう。

しかし、車がほとんど通らない小さな交差点の信号で、歩行者である場合は守らない人も出てきます。しかし、ルールを守るあなたはもやもやするはずです。

なぜ、ルールを守らないのだろう?

この場合、当然、信号を守らない人は交通ルールを無視していることになります。警察に見つかったら注意されるでしょう。警察官がいたら、信号を守っていることでしょう。

しかし、その場の状況に応じて臨機応変に対応しているともいえます。その人にとっては、自己責任でルールを無視して車にはねられる危険を冒して渡っているのです。いちいち、あなたが腹を立てる必要はないのです。

このような考え方になっていないか気づくことが大切です。

なんでも、中庸がいちばんいいのです。考え方を柔軟にするのです。そうすると、腹が立つことも減ってくるでしょう。人を批判することも減ってくるでしょう。

 
発達障害のことでお悩みではないですか?
 
 
発達障がい支援センターでは、『発達障がい克服!無料メルマガ』を発行しています。
 
発達障がい克服!無料メルマガは、今までに10万人以上の方にお読みいただいており、発達障害の悩みを解決するための知識・知恵が詰まっています。
 
発達障害のことでお悩みの方は、ぜひ読んでみてくださいね。
ずっと無料で読め、いつでも解除することもできます。
 
 
 
 

-心理カウンセラーのブログ

Copyright© 発達障がい支援センター , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.