心理カウンセラーのブログ

普通じゃないとダメなの?

投稿日:

こんにちは!
発達障がい支援センターの黒瀧素子(くろたきもとこ)です。


普通〇〇だよね

⬜︎⬜︎するのが常識でしょ

そんな言葉に違和感を覚えたことはありませんか?


〇〇が普通とは思えないんだけど、そんな自分はおかしいんじゃないだろうか?

△△さんが言っているようにできない自分はおかしいのかな・・・

みんな普通に✖✖できてあたりまえなのに、なんで私だけできないの

常識知らないって言われちゃうオレって、常識ないんだ・・だめだなぁ・・・

そのように感じて、自分を責めてしまうことはありませんか?

発達障害の方や発達障害の傾向をお持ちの方、発達障害グレーゾーンの方は、
この、『普通』『あたりまえ』『常識』という言葉に苦しんでいることがあります。

これができるのが普通!これをするのがあたりまえ!常識!

という一つの価値観を受け入れてしまうと、その価値観にとらわれてしまいやすい脳の特性があるからです。

自分を責めている方は、まずは自分を責めないようにしてくださいね。
自分を責めることはよくありません。

では、

普通ってなんなの?

って思いませんか?


普通とは、

「普通はこうだよね」と言っている人にとっての普通です。

つまり、

普通とは人それぞれ違うものなのです

普通とは一人一人にとって違うものなので、普通とは無数に存在する基準なのです。

自分が普通じゃないと悩んでいる方は、
自分の中に『普通じゃなければいけない』という価値観を持っています。
このような主観的なものごとのとらえ方・価値観のことを観念と言います。

でも、普通という基準が無数に存在するのであれば、
普通になるということ自体が無理なことですよね。

無理なことをやろうとするから苦しみが生まれるのです。

無理なことなのに、『普通じゃなければいけない』という観念を持っているので、
無理なことなのにそれができない自分がダメだと思って苦しくなってしまうのです。

ですから、自分は普通じゃないと言って悩んでいる方は、
まずは普通になることは無理なことなんだ、ということを理解しましょう。

そして、
その相手が『普通』と言っていることが『本当にそうなのか?』ということを考えてみて下さいね。

相手の言う『普通』つまり相手の価値観・観念に合わせのが苦しいと感じるのなら、
どんな価値観・観念なら自分を幸せにすることができるのかを考えてみて下さいね。


自分を幸せにする価値観・観念はどんなものなのかということを考えてみよう!

最後に、


普通〇〇だよね

⬜︎⬜︎するのが常識でしょ

ということを言ってくる人は、相手をコントロールしようとするときに『普通』や『常識』という言葉を使うことがあるので、気をつけてみてくださいね。

まとめると、

『普通』という言葉を聞くと、
みんなそう思っていること、全員がそう思っていること、ととらえてしまうこともよくあるのかなと思います。

その『普通』にあてはまらない自分に不安になってしまう方は、『普通でなければいけない』という観念を持っています。

その『普通』というのは普通と言っている人の観念であることがほとんどなので、

『普通』はただの相手の観念であること。
『普通』は人の数だけあるということを頭において、

本当にその相手の言う『普通』という価値観・観念が自分にとって必要なのかどうか、ということを考えてみてくださいね。

自分が幸せになる観念を選んで生きていきましょう。

自分が幸せに生きていくことが、周りの人も幸せにしていけるのです。

あなたが幸せに生きていけることを願っています。

 
発達障害のことでお悩みではないですか?
 
 
発達障がい支援センターでは、『発達障がい克服!無料メルマガ』を発行しています。
 
発達障がい克服!無料メルマガは、今までに10万人以上の方にお読みいただいており、発達障害の悩みを解決するための知識・知恵が詰まっています。
 
発達障害のことでお悩みの方は、ぜひ読んでみてくださいね。
ずっと無料で読め、いつでも解除することもできます。
 
 
 
 

-心理カウンセラーのブログ

Copyright© 発達障がい支援センター , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.