心理カウンセラーのブログ

群れを作って飛ぶ鳥

更新日:

こんにちは。発達障がい支援センターの水野幸子です。

今朝、散歩で田んぼの中を歩いていました。

すると、小さな鳥たちが一斉に飛び立ち、群れを作りました。

そのまま、飛んでいくのかと思ったのですが、しばらく田んぼの上を飛んでいました。
右に旋回、左に旋回。
北から、別の群れが飛んできて、合流し、東に飛んで行きました。

旋回している鳥を見ながら、小学生の時に国語で習った、スイミーを思い出していました。
スイミーの中に出てくる、大きな魚は私?

小鳥たちは、この田んぼにはまだエサが沢山あるから、早くどこかに行ってくれないかな。と思いながら、旋回しているのかな、と思ったのです。

小鳥の気持ちをおもんばかりつつ、私は私の散歩の時間を楽しみました。
楽しみながら、小鳥も、スイミーも、人も、みんな同じなのかな、と思ったのです。

鳥が群れで飛ぶのは
・安全
・省エネ
という、利点があるからです。

安全なのは、スイミーと同じで、小鳥1羽でいるよりも、集団でいた方が、天敵に狙われにくいということですね。

省エネは、風の抵抗力を少なくすることが出来たり、飛びやすい気流ができるからなのです。
先頭の鳥はリーダーではなく、疲れると順番に交代していくという、協力体制です。

人も、1人では生きていけないですよね。

みんなで協力しあって出来ている社会で生きています。

発達障害のあなたは、

・助けてもらってばかり。

・迷惑をかけてばかり。

・何をしてもうまくいかない。

・人を怒らせることしかできない。

と思い、落ち込むことはありませんか。
落ち込んだ経験があると思います。

発達障害のあなたは、落ち込む必要はないのです。

人が助け合って生きていくことは、当たり前のことだからです。

ただ、当たり前だから、ワガママになっていい、ということではありません。

発達障害の特性で、あなたがどんなに努力してもうまくできないことがありますよね。
うまくできないことでも、助けてもらえば、スムーズにできるようになることがありますよね。
そういうときは、どんどん助けてもらいましょう。協力してもらいましょう。

発達障害の特性で、定型発達の人よりも、優れているところがありますよね。
その特性で、周りの人を、どんどん助けてあがることができます。
どんどん協力することができるのです。

鳥が群れを作って飛ぶときのように、発達障害、定型発達ということは関係なく、その人の得意な分野は、得意な人が先頭を飛んでいけばいいのです。

発達障害のあなたが、

・居場所がわかならい。

・何が得意なのかよくわからない。

と、思っているのなら、私たち、発達障がい支援センターの心理士が寄り添います。

発達障害のあなたの居場所を一緒に見つけましょう。
実は、目の前にあるのに、気付いていないだけかもしれません。

発達障害のあなたの得意なことは、検査をすることで見つけることができますよ。
もし、え?それが?そんなはずはない。という結果だったとしても、それは、経験が少なかっただけで、気付いていなかったのかもしれません。スキルトレーニングを始めると、どんどん伸びて行く可能性があります。

私たち、発達障がい支援センターの心理士と一緒に、あなたの可能性をもっと広げていきませんか?


いきなり心理士さんいお願いするのは、まだ勇気がいります。というあなたは
発達障がい支援センターの無料メルマガを読んでみませんか。

登録はこちらをクリック
 ⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩
発達障がい克服!無料メルマガ

私も、発達障がい支援センターのみなさんに、助けてもらっています。
発達障がい支援センターに関わって下さっている全ての皆さんに感謝を込めて。

発達障がい支援センターの水野幸子でした。

 
発達障害のことでお悩みではないですか?
 
 
発達障がい支援センターでは、『発達障がい克服!無料メルマガ』を発行しています。
 
発達障がい克服!無料メルマガは、今までに10万人以上の方にお読みいただいており、発達障害の悩みを解決するための知識・知恵が詰まっています。
 
発達障害のことでお悩みの方は、ぜひ読んでみてくださいね。
ずっと無料で読め、いつでも解除することもできます。
 
 
 
 

-心理カウンセラーのブログ

Copyright© 発達障がい支援センター , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.