心理カウンセラーのブログ

行事の参加どうしてる?

更新日:

こんにちは。発達障がい支援センター、水野幸子です。

秋ですね。気持ちの良い風を毎日感じています。

秋って、もの悲しいので苦手と思っていたのですが、今年の秋は、とても気持ちがいいと思って過ごしています。

暑くもなく、寒くもなく、過ごし安い季節です。

そんな秋には、保育園、幼稚園、学校などの行事が沢山ありますよね。

コロナ禍ではありますが、園や学校は、今の年齢での体験や思い出つくりのために、できるだけ行事をやろうとコロナ対策の工夫をしてくれています。ありがたいことですね。

発達障害のお子さんは、園や学校で行われる行事をどのようにとらえているのでしょうか。

発達障害のお子さんは、行事に参加することを楽しみにしていますか?嫌がっていますか?

発達障害のお子さんによっては、

この行事は参加するの楽しみ。あの行事は参加したくない。と言っているかもしれません。

去年は楽しく参加したのに、今年は参加したくないと言っている、ということがありませんか。

逆に、去年は嫌がった行事だったのに、今年は参加したいと言っている、と言う場合もあると思います。

行事というのは、普段の生活と違うことをすることですよ。

だから、楽しみなものと、一般的にはとられていますよね。

ですが、発達障害のお子さんにとってはどうなのでしょうか。

発達障害のお子さんが、行事の参加を嫌がる時は、苦手なことがあると考えましょう。

苦手なことがわかれば、工夫することで、発達障害のお子さんも、安心して行事に参加できるということにつながりますね。

では、発達障害の特性を考えてみましょう。

・変化が苦手

・大勢の人が苦手

・音が苦手

・光が苦手

などがあります。どのように対応していけばいいのでしょうか。

いつもと違う

運動会や発表会などの行事は、親御さんも楽しみにしていますよね。

親御さんが見に行くというとこは、大勢の人がくることになります。いつもと違う環境になるということです。

親御さんが参加しない遠足の場合でも、いつもと環境は変わりますね。

発達障害のお子さんには、△月△日には、遠足があるんだよ。と何日も前から話してあげましょう。

発達障害のお子さんが、楽しみに思うことも、織り交ぜて話せるといいですね。

例えば、遠足であればお弁当を持っていきますね。お弁当には、○○ちゃんの大好きなおかずを入れようね。

と、楽しいという気持ちが持てるようにしていきましょう。

これからどうなるの

発達障害のお子さんの特性として、先が見えないことに不安を感じる場合があります。

どうなるか分からないので、パニックになったり、発作が起きたりします。

今回の行事は、どういうことをするのかを、シュミレーションしていきましょう。

例えば、発表会なら、発表会の会場に行って、発達障害のお子さんがどのように過ごすのか教えてあげましょう。

他のクラスの見学は、この席に座って見るんだよ。

何組に発表が終わったら、クラスの子と移動するんだよ。移動はこうやっていくんだよ。と実際に移動して体験しておくのです。

去年の録画ビデオがあるのなら、それをお子さんと観るのもいいですね。

クラスメートも出し物も違うけど、こういうことをやるんだな、というイメージがつきます。

運動や手作業が苦手

発達障害の特性に、運動が苦手、手作業が苦手というのがあります。

例えば、運動会のダンスが、みんなと同じように踊れない。

発表会の楽器演奏がうまくできない。ということです。

せっかく、楽しく行事に参加するはずだったのに、逆に苦手意識が強くなることがあります。

発達障害のお子さんには、苦手だけど、これだけできた!と自信をつけてほしいですよね。

親御さんも一緒に、練習をしていきましょう。

ダンスであれば、見本をビデオに撮らせてもらい、お家で練習していきましょう。

この時に、みんなと同じように動かなくてはいけないと、焦らないで練習してくださいね。

発達障害のお子さんが、楽しく練習して、行事にも楽しく参加できることが大切です。

周りの支援

去年は参加できたのに、今年は参加したくないと言う。

去年は参加できなかったのに、今年は参加したいと言う。

発達障害のお子さんの気持ちの変化は、なんだと思いますか。

その一つに、人間関係があります。

発達障害のお子さんのことを理解して、サポートそしてくれる友達がいる。

担任の先生との相性がとてもいい、とかがそうですね。

発達障害のお子さんが、仲良くしている友達や、安心している先生を知っておくといいですね。

発達障害のお子さんが苦手なことを行うときに、手助けをしてもらうようにすると、お子さんも安心して参加できるようになります。

発達障害のお子さんが、行事に参加することで、

苦手なことができた。

嫌な行事だったのに、楽しかった。

そんな体験ができると、発達障害のお子さんの自信につながります。

発達障害の方への支援について、もっと知りたいと思うあなたは、発達障害支援センターの無料メルマガを読んでみませんか。

無料メルマガに興味のあるあなたは、こちらをクリックしてくださいね。
 ⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩
発達障がい克服!無料メルマガ

それでは、楽しい1日をお過ごしください。

発達障がい支援センター、水野幸子でした。

 
発達障害のことでお悩みではないですか?
 
 
発達障がい支援センターでは、『発達障がい克服!無料メルマガ』を発行しています。
 
発達障がい克服!無料メルマガは、今までに10万人以上の方にお読みいただいており、発達障害の悩みを解決するための知識・知恵が詰まっています。
 
発達障害のことでお悩みの方は、ぜひ読んでみてくださいね。
ずっと無料で読め、いつでも解除することもできます。
 
 
 
 

-心理カウンセラーのブログ

Copyright© 発達障がい支援センター , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.