心理カウンセラーのブログ

結果オーライ

投稿日:

こんにちは。発達障がい支援センター水野幸子です。

私は夏が好きです。太陽が好きと言う方が正しいでしょうか。
まだ8月だというのに、日が短くなってきたなと感じて、ちょっとさみしいなと思っています。

8月末日に近づいているということは、夏休みが終わり、新学期が始まると言うことです。
地域によっては、新学期が始まっているところもあるかもしれません。
夏休みの宿題の追い込みをしているお家も、あるのではないでしょうか。

さて、今日は、発達障害のお子さんを持つ、親御さん向けに、お話しを進めていこうと思います。

今年の夏はコロナ禍でのオリンピックがありました。
甲子園では雨天コールドゲームがありました。
部活動も、コロナ禍前のようには、まだまだやれていなかったと思います。

何かに夢中になってやってきた人が、目標にしていた結果を得られなかったとき、発達障害のお子さんを持つ親御さんのあなたなら、どのように声を掛けますか?

私は、そこに行き着くまでに頑張ってきたこと。努力してきたことを褒めます。

でも、時には、過程よりも結果がよければ全て良し。と考えることが大切な時もあります。

特に、発達障害のお子さん。
ADHDで、落ち着きがない。じっとしていられないという特性を持ったお子さんには、結果オーライという気持ちで、見守ってあげることが大切です。

発達障害のお子さんを持つ親御さんのあなたの、子どもの頃を思い出して下さい。

親御さんから

・宿題やりなさい。
・部屋を早く片付けなさい。
・姿勢が悪い

等と注意をされて、嫌な気分になったことはありませんか?

そして親になった今、あなたが親からされて嫌だったことを、発達障害のお子さんにしていませんか?

今は、子どもの頃に親に注意されて嫌な思いをしたことを、思い出して欲しいな、と思っています。

ADHDで落ち着きのない子は、どうしても、学校で注意されることが多くなります。

・遅刻してしまう。その度に叱られる。
・1回の指示で行動ができない。何回も説明してもらってやっと動く。さっさと動きなさいと叱られる。
・授業中に姿勢が崩れていく。崩れる度に、姿勢を直しなさいと注意される。
・静かに座って話しを聞く場面で、動く、物音を立てるため、叱られる。

発達障害のお子さんは、こういったことを繰り返してしまいます。

この繰り返しを、発達障害のお子さんは、わざとやっていると思いますか?

発達障害のお子さんは、わざとやっているわけではありません。
発達障害のお子さんは、お子さんなりに一生懸命やっているのです。

それでも、注意されるので、

・なんでできないんだろう
・みんなと同じように動きたい
・姿勢だって気にしているのに、崩れてしまうんだ
・みんなと同じように静かにしていたいのに、なんでできないんだろう

と、悩んでいるはすです。

発達障害のお子さん、特にじっとしていられないお子さんは、注意される度にストレスを感じて緊張してしまいます。

発達障害のお子さんのためと思い注意することが、返ってお子さんを萎縮させるということになるのです。

では、どのように対応していくのが良いのでしょうか。

多少の落ち着きのなさは大目に見ましょう。
そして、活動に参加したこと。結果を出したこと。に注目していきましょう。

例えば、

発達障害のお子さんが机に向って勉強をしています。
端から見ると、そんな姿勢で勉強できるのかと思うほどの姿勢です。
それでも、よくよく見ると、お子さんは勉強に集中しています。

発達障害のお子さんの親御さんであるあなたは

1.姿勢をよくすること
2.勉強に集中していること

どちらに重点を置いて見ますか。
どちらを優先しますか。

こういう場合は、姿勢よりも、集中している勉強を優先してください。

今、お子さんが何かに集中しているという結果をみてください。

発達障害のお子さんは、集中すると姿勢が崩れる、とうい癖があるのかもしれないですね。

過程が大切なときもありますが、過程よりも結果が大切というときもあるのですね。

結果は、発達障害のお子さんの親御さんが求めるレベルではなく、発達障害のお子さんにあったレベルに設定してくださいね。

例えば、発達障害のお子さんは小学3年生だとします。

親御さんとしては、小学3年生のレベルまで、理解するのが当たり前。それが結果だと思いますよね。

でも、発達障害のお子さんが、まだ九九を理解できていないとすると、小学3年生の算数を解いていくのは困難になりますよね。

その時は、九九を覚える。を第一目標として、九九が覚えられた結果に注目してください。

九九を覚える時に、発達障害のお子さんは、机に向ってじっとしていないかもしれません。
部屋中を動き回っているかもしれません。
それでも、部屋中をウロウロしながら、ブツブツ九九をつぶやいているのなら、九九を覚えようとしているということです。
覚えている過程は、親御さんが思う方法とは違うかもしれませんが、そこは大目に見ていきましょう。
それで九九が覚えられるのであれば、その方がいいですよね。

発達障害のお子さんの子育ては、周りの子と違うなど、悩むことも多いかと思います。

そんなときに、発達障がい支援センターのメルマガがお役に立てると思います。
発達障がい支援センターの無料メルマガを登録してみませんか。

登録はこちらをクリックしてくださいね
 ⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩
発達障がい克服!無料メルマガ


それでは、今日も楽しい1日をお過ごし下さい。

発達障がい支援センター 水野幸子でした。

 
発達障害のことでお悩みではないですか?
 
 
発達障がい支援センターでは、『発達障がい克服!無料メルマガ』を発行しています。
 
発達障がい克服!無料メルマガは、今までに10万人以上の方にお読みいただいており、発達障害の悩みを解決するための知識・知恵が詰まっています。
 
発達障害のことでお悩みの方は、ぜひ読んでみてくださいね。
ずっと無料で読め、いつでも解除することもできます。
 
 
 
 

-心理カウンセラーのブログ

Copyright© 発達障がい支援センター , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.