心理カウンセラーのブログ

混ぜるな危険!Part2

投稿日:

発達障がい支援センター
小蔦美奈子(こつたみなこ)です。




先日は台風10号の影響で土砂降りの中でしたが、
日課である朝のウォーキングへ行ってきました。




完全防水のカッパを着て行ったのですが
帰る頃には雨で濡れている以上に
内側が汗でびっしょりとしたたり落ちていました。





発達障害のあなたは
「気象病」という言葉を聞いたことはあるでしょうか?



それは気候の変化に伴い起こる症状で
特に気圧の変化が激しい時、
雨の日や台風が近づく前日になると
頭痛や吐き気、倦怠感など、体調が悪化する方がいるそうです。




他にも気分がすぐれない、なぜか不安になる、
など体調に異常をきたす人も少なくないのです。




発達障害のあなたは大丈夫ですか?

少しでも心当たりがあるのでしたら、
日頃から体調管理には十分に気をつけてくださいね。






発達障害のあなたは、
決められた時間を守れなかったり、
すぐ忘れ物や約束したことを忘れて
責められたことがあるでしょうか?





そんなあなたが自暴自棄になって言われた人を責めたり、
自己肯定感がなくなったり、
引きこもって誰とも会いたくないこともあったのではないのでしょうか?





それは、発達障害のあなたの特性ゆえに
今までそのことにたくさん悩み
たくさん努力してきたこともありますよね。





その努力もむなしく治らないことに対して、
発達障害のあなたは、
それが自分の性格なのだから仕方がないと
諦めてはいないでしょうか?




誰にでも、できることと、
できないことがあります。



ここで発達障害のあなたに質問です。




できることが多いと、
性格が良くなるのでしょうか?


できることが少ないと
性格が悪くなるのでしょうか?





答えは、違いますね。




発達障害のあなたも同じです。



時間を守れないから性格が悪いのではないのです


約束を忘れるから性格が悪いのではないのです


忘れ物をするから性格が悪いのではないのです





時間を守れても悪口を言う人はいます。

その人は性格が良いと言えるでしょうか?



約束を守れなくても優しい人はいます。


その人は性格が悪いのではなく、
行動を改めれば良いのです。




約束が守れることができるようになりたいのでしたら、
ある程度努力することも大切ですが、
周りの人に協力してもらえるように頼むことをすれば良いのです。


発達障害の特性と性格は混ぜてはいけないのです。



発達障害のあなたができないことがあっても
それがあなたにとって普通なのです。





私にもできないことがありますがその分
周りの人がフォローしてくれているのです。




大切なのは、
発達障害のあなたができること、できないことを
見極めること。


発達障害のあなたができることはあなたのアピールポイントになります。


発達障害のあなたができないことはあなたのチャームポイントになります。





発達障害のあなたができないからといって
決して自分を責めないでください。


なぜなら、できない自分を責め始めると
同じようにできない人を見てもその人を責め始めてしまうからです。





発達障害のあなたは、
そのままのあなたでいいのですよ。



本日は、「混ぜるな危険!Part2」をお伝えしました。



発達障がい支援センターの過去のブログで、

「混ぜるな危険!Part1」でも大切なことをお伝えしていますので、
興味のある方はぜひ読んでみてくださいね。





 
発達障害のことでお悩みではないですか?
 
 
発達障がい支援センターでは、『発達障がい克服!無料メルマガ』を発行しています。
 
発達障がい克服!無料メルマガは、今までに10万人以上の方にお読みいただいており、発達障害の悩みを解決するための知識・知恵が詰まっています。
 
発達障害のことでお悩みの方は、ぜひ読んでみてくださいね。
ずっと無料で読め、いつでも解除することもできます。
 
 
 
 

-心理カウンセラーのブログ

Copyright© 発達障がい支援センター , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.