心理カウンセラーのブログ

後悔よりも反省を

更新日:

こんにちは、発達障がい支援センターの神谷今日子です。

このブログは、発達障がい支援センターに所属する心理カウンセラーが日替わりで、執筆しています。


今日(06/07)は私の担当の日だったのですが、書くのを忘れてしまい、こんな遅い時間になってしまいました。

夕方まで覚えていたのに、他のことをしていたら、頭から抜け落ちていってしまったようです(;^_^A


さて、こんな風に、うっかりした時に、あなたはどんな風に考えますか?

・あ~やってしまったぁ…

・こんなことも忘れてしまう私はダメだなぁ!

こんな風に考える方も多いかもしれませんね。



また、お子さんがうっかりした時、どのように思いますか?

・あー、また忘れたのね…全く…

・ダメじゃない!ちゃんとしなくちゃ!

色々な想いが出てくるかもしれませんね。


ここからが本題です。


実は、うっかりしてしまった時に、後悔よりも反省をすることが大切なのです。


発達障害のある方は、特にそうです。

後悔ではなく反省していくことで、過去の出来事にとらわれ、ぐるぐると考えすぎなくて済むようになっていきます。

発達障害のお子さんに指導するときも、後悔ではなく反省していくことで、イライラせず、冷静な心で指導できるようになっていくのです。


後悔と反省の違いについて


では、後悔と反省にはどのような違いがあるのでしょうか?

後悔は、「あんなことしなければ良かった…」と、過去を悔やむことです。

一方で、反省は、「あそこでああすれば良いのか!」と、過去の出来事を受け入れた上で、何かしらの対策や対処法を考えることです。


後悔は、過去に目を向けているのに対して、反省は、過去を受け入れた上で未来に目を向けているのです。

いかがでしょうか?

あなたは、後悔と反省、どちらを多くしていますか?


まずは、過去してしまったことは、そのまま受け入れていきましょう

こうしてしまうこともあるよね。と自分を許してあげるのです。


そして、その後は、どうしたら防げるかなぁ?どう対策していったらいいのだろう?と、フラットな心で未来を考えていきます。

こんな風に反省していくことで、過去の出来事にとらわれることが減っていきます。


最初は慣れないかもしれませんが、少しずつでいいので、ぜひ試してみてくださいね。


私は、ブログの執筆を忘れてしまった自分も許した上で、夜9時にアラームを鳴らすという対策を取ろうと思います!


では、今日のブログは以上です。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 
発達障害のことでお悩みではないですか?
 
 
発達障がい支援センターでは、『発達障がい克服!無料メルマガ』を発行しています。
 
発達障がい克服!無料メルマガは、今までに10万人以上の方にお読みいただいており、発達障害の悩みを解決するための知識・知恵が詰まっています。
 
発達障害のことでお悩みの方は、ぜひ読んでみてくださいね。
ずっと無料で読め、いつでも解除することもできます。
 
 
 
 

-心理カウンセラーのブログ

Copyright© 発達障がい支援センター , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.