心理カウンセラーのブログ

発達障害と、頭の中を整理し集中するコツ

更新日:

こんにちは。

発達障がい支援センター代表の丸山卓也です。

あなたは

・頭の中がごちゃごちゃする

・頭の中の情報を整理できない

・頭の中で順序だてて考えることが苦手

・やることが多すぎて、何から手をつけていいかわからない

・けっきょく頭の中が疲れて、やる気が出ない

そういう時はありませんか?

頭の中は疲れますし、やることが終わらないと焦りますよね。

本日は、発達障害でお悩みのあなたへ、 【頭の中を整理し、集中するコツ】 をお伝えします。

【頭の中を整理し、集中するコツ】は

①これからやることを、紙に書きだす。

②やることをひとつに絞る。(残りのやることは全て横線 (――) で消す)

③「これさえできれば何とかなる」という、最低限の目標を立てる。

④ ②と③で決めた、ひとつのやることに取り組む。

以上の4つの手順を、①→②→③→④の順番で行います。

文章では分かりづらいと思うので、

「小学校の先生が放課後に仕事をする」

という例で、実際にやってみますね。

(自分は小学校の先生ではないから、イメージがしづらいかも)

と思う方もみえますよね。

【頭の中を整理し、集中するコツ】は当然 先生だけでなく、会社員の方・主婦の方・学生の方など、誰にでも当てはまるシンプルな【コツ】ですので、安心して読み進めてくださいね。

【頭の中を整理し、集中するコツ ~小学校の先生の放課後編~】

①これからやることを、紙に書きだす。

・明日の授業の予習

・明日の授業で使う道具の準備

・保護者に向けた通信を書く

・テストの採点

・宿題で出した日記のチェック

②やることをひとつに絞る。(残りのやることは全て横線 (――) で消す)

・明日の授業の予習

・明日の授業で使う道具の準備 ←やることをひとつに絞る

・保護者に向けた通信を書く

・テストの採点

・宿題で出した日記のチェック

③「これさえできれば何とかなる」という、最低限の目標を立てる。

・明日の授業で使う道具の準備 ←の、最低限の目標とは何だろう?

(理科は実験をするから、実験道具は必要だ。でも、ほかの科目は道具がなくても授業はできるから、準備しなくてもいい。理科の実験道具さえ準備できれば何とかなる)

 ◎最低限の目標

「理科の実験道具だけを準備する」

④ ②と③で決めた、ひとつのやることに取り組む。

◎「理科の実験道具だけを準備する」

以上が、【頭の中を整理し、集中するコツ】の例でした。

もちろん、例のように上手くいかないことも現実にはあると思います。

しかし、ごちゃごちゃした頭の中を整理し、やることをひとつに絞ることができました。

【コツ】を試す前よりも、集中しやすくなったのではないでしょうか。

本日は、発達障害でお悩みのあなたへ、【頭の中を整理し、集中するコツ】をお伝えしました。

ぜひ、お試しくださいね。

少しでも、紹介した【コツ】が日常生活のお役に立ちましたら、私はとっても嬉しいです。

それでは。

一緒に、今日を良い日にしましょう。

発達障がい支援センター代表 丸山卓也

 
発達障害のことでお悩みではないですか?
 
 
発達障がい支援センターでは、『発達障がい克服!無料メルマガ』を発行しています。
 
発達障がい克服!無料メルマガは、今までに10万人以上の方にお読みいただいており、発達障害の悩みを解決するための知識・知恵が詰まっています。
 
発達障害のことでお悩みの方は、ぜひ読んでみてくださいね。
ずっと無料で読め、いつでも解除することもできます。
 
 
 
 

-心理カウンセラーのブログ

Copyright© 発達障がい支援センター , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.