心理カウンセラーのブログ

発達障害 こうでいないとダメ

更新日:

こんにちは。発達障がい支援センターの青芝夏樹です。

親や学校の先生に教えてもらったことは、観念として身につきます



観念とは、以前にも何度もお伝えしていますが、主観的な物事の捉え方のことです。

発達障害があると、どうしても特性上忘れ物をしてしまいがちです。

しかし、親や学校の先生から、「忘れ物をしてはダメ」と教えられると、忘れ物をする自分はダメな奴だと思い込んでしまいます。

忘れ物をしても忘れたことは問題があるかもしれませんが、ダメな奴ではないのです。


行為には問題があるが、人格に問題があるわけではないのです。


しかし、観念があると、ダメな奴を考えてしまうのです。

また、他人にもそのルールを強要するので、忘れ物をした他人を責めてしまいます。

このような観念が多々あることが普通ですので、まず、それに気づくことが大切です。

自分を苦しめている観念はないか、調べてみましょう。

観念を見つけたら、本当にそうなのかと考えてみましょう。


忘れ物をする自分はダメな奴なのか?

  • 忘れ物をすることは良くないが、手は早いよ。
  • 忘れ物をすることは良くないが、人の話はよく聞けるよ。
  • 忘れ物をすることは良くないが、人に親切にできるよ。

いいところはいっぱいあるのです。

欠点ばかり見るのでなく、美点を見るようにしましょう。


欠点探しゲームをやっていると誰でも落ち込んでしまいます。
美点発見ゲームをしましょう。


毎日、自分の美点をノートに書いてみましょう。
10日間続けて、後から見返してみましょう。


自分のいいところに気づけるはずです。


傾向の心というのがあります。
動いているものは急に方向が変えられないのです。

つまり、美点をいつも見るようにしていると、美点を見るようになってくるのです。

あなたは、いつも自分の欠点や人の欠点を見つけていませんか?

 
発達障害のことでお悩みではないですか?
 
 
発達障がい支援センターでは、『発達障がい克服!無料メルマガ』を発行しています。
 
発達障がい克服!無料メルマガは、今までに10万人以上の方にお読みいただいており、発達障害の悩みを解決するための知識・知恵が詰まっています。
 
発達障害のことでお悩みの方は、ぜひ読んでみてくださいね。
ずっと無料で読め、いつでも解除することもできます。
 
 
 
 

-心理カウンセラーのブログ

Copyright© 発達障がい支援センター , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.