心理カウンセラーのブログ

困っているか、困っていないか

更新日:

こんちは、発達障がい支援センターの水野幸子です。

先日、年上の知人と話しをしていました。

子どもの頃の話しから、クラスメートに、発達障害だったんだろうな、と思う子がいたかという話しになりました。

知人は、何人かいた、と言いました。

私は1人しか思い当たりませんでした。

発達障害のことを勉強するようになって、実は、自分でも気付いていないけど、検査をすると発達障害だった。というクラスメートは、もう少しいたかもしれないな、と思います。

知識のない子どもの感覚ですが、クラスメートで困っていると思っている子がいたということに、気付いていませんでした。

思い出した1人の子は、忘れ物が多かったり、勉強に遅れがあったりしていました。

友達とも仲良くやっているし、スポーツもすごくできる子でした。

ですので、私の中では、注意すれば忘れ物はなくなるだろうし、勉強の遅れもすぐに取り戻せるはずなのに、と、不思議に思っていたのです。

その子が忘れ物をしてくると、帰ったらすぐに準備するといいよ。とか、手にメモしておけば、とか、お節介なアドバイスをしていました。

その子なら忘れ物をなくせるのに、なんでなくせないんだろう、と不思議で仕方なかったのです。

その子は、その子で、親御さんと工夫して、忘れ物をなくす方法を考えていたのではないかと思います。

私のお節介は、その子を傷つけていたのかどうなのかも、全くわかりません。

その子は、私のお節介のアドバイスを、うんうん、と聞いてくれていたように思います。
分かっているけど、忘れ物をなくせない。忘れ物しないように努力をしている、と、私に向って怒鳴ってくるようなこともありませんでした。嫌な顔をされた覚えもありません。

今となっては、その子のその当時の気持ちは分かりません。

私は、忘れ物をすることは、困ること、いけないことと思っていました。

その子は、忘れた物をしてもなんとかなる。困ることではない。と、思っていたのかもしれません。

心理検査で、発達障害と診断されてもおかしくない結果がでていても、本人が困っていなければ、発達障害と診断されないこともあります。

日本の場合、診断する先生の判断に任されているので、同じ心理検査結果でも、発達障害と診断される人とされない人がいるのです。

発達障害の特性があったとしても、他の事でカバーして、学校生活が普通に過ごせることができる子もいます。

トラブルを起こすこともなく、成績も悪くなければ、ちょっと不思議なところがある、変わった子、と思われる位です。先生や親御さんも、発達障害とは考えないでしょう。

困ったことがなく、日常生活が普通に過ごせるのなら、発達障害とはならないのです。

発達障害の診断があっても、特性を活かして、困ることなく生活している人がいます。

困らないように生活していくには、特性を知っていることがとても大切になります。

あなたが、生活していくうえで困っていることがあるのなら。心理検査を受けて、あなたの特性を知ることが大切です。

困っているか、困っていないかは、特性を活かして生活しているか、特性を生活に活かしていないかの違いとなります。

特性にあった、生活にしていきましょう。

あなたが今、何らかのことで困っていて、少しでもなんとかならないかな、と思っているのなら、無料メルマガを読んでみませんか。

発達障害について、学ぶことができますよ。

無料メルマガに興味のあるあなたは、こちらをクリックしてくださいね。
 ⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩
発達障がい克服!無料メルマガ

それでは、楽しい1日をお過ごしください。

発達障がい支援センター、水野幸子でした。

 
発達障害のことでお悩みではないですか?
 
 
発達障がい支援センターでは、『発達障がい克服!無料メルマガ』を発行しています。
 
発達障がい克服!無料メルマガは、今までに10万人以上の方にお読みいただいており、発達障害の悩みを解決するための知識・知恵が詰まっています。
 
発達障害のことでお悩みの方は、ぜひ読んでみてくださいね。
ずっと無料で読め、いつでも解除することもできます。
 
 
 
 

-心理カウンセラーのブログ

Copyright© 発達障がい支援センター , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.