心理カウンセラーのブログ

人間関係の、【すれちがい】のはなし

更新日:

こんにちは。

発達障がい支援センター代表の、丸山卓也です。

人間関係の、【すれちがい】。

誰しも、経験したことがあるのではないでしょうか。

それは、些細なことなのか、それとも深刻なことなのか。

内容も、10人いれば10通りのエピソードがあるかと思います。

今日はそんな、人間関係の【すれちがい】のはなしを書きたいと思います。

私は、ある方、Aさんと、もともとは良い人間関係を築いていました。

私とAさんは、ちゃんと会話をしたことは1度しかありませんでした。

しかし、初対面の場ではありましたが、

私は心を開いて話をし、

Aさんは私の話にじっくりと耳を傾けてくださいました。

「良い関係を築けたんじゃないかな」と私は思いましたし、

Aさんもそのようなことを言ってくださいました。

残念なことにその後はご縁がなく、しばらくAさんとお会いすることはありませんでした。

数か月後、仕事の会議の場で、私はAさんを見かけました。

ですが、私はAさんから離れた席についていたこと、また気分が優れなかったこともあり、Aさんとお話しすることができませんでした。

そして、ちょうど2、3日前。

私はAさんに、仕事のことについて電話をする機会がありました。

その電話口で、はなしが一区切りついたところで、Aさんは次のように言われました。

「丸山さん。先日の会議とき。丸山さんにあいさつをしたんだけれど、返事を返してもらえなくて、少し悲しかったよ」

そうAさんから聞いて、私は驚きました。

その会議の日、Aさんから声をかけられた覚えが、私には無かったからです。

しかし、Aさんは確かに私に声をかけたようです。

私は、“とても失礼なことをした”と思い、慌ててあやまりました。

Aさんもすぐ、「そういうこともありますよね」と言ってくださり、電話は終わりました。

しかし私は、この文章を書いている今も、

“Aさんのあいさつを無視してしまったのは、気づかなかったとはいえ、良くなかったな”

と、少しばつの悪い気持ちをかかえています。

“仮に良い関係を築けていたとしても、ふとした【すれちがい】は起きてしまう”

それを学んだできごとでした。

人間関係の【すれちがい】。

無いにこしたことはないのですが、もし起きてしまったときは、

自分のできる範囲でフォローをし、

しかし落ちこみ過ぎないようにしたいものですね。

今日は、人間関係の【すれちがい】のはなしでした。

それでは。

一緒に今日を、心おだやかに過ごしましょう。

発達障がい支援センター代表 丸山卓也

 
発達障害のことでお悩みではないですか?
 
 
発達障がい支援センターでは、『発達障がい克服!無料メルマガ』を発行しています。
 
発達障がい克服!無料メルマガは、今までに10万人以上の方にお読みいただいており、発達障害の悩みを解決するための知識・知恵が詰まっています。
 
発達障害のことでお悩みの方は、ぜひ読んでみてくださいね。
ずっと無料で読め、いつでも解除することもできます。
 
 
 
 

-心理カウンセラーのブログ

Copyright© 発達障がい支援センター , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.