心理カウンセラーのブログ

発達障害と、「楽しいことがない」というあなたへ

投稿日:

こんにちは。

発達障がい支援センター代表の、丸山卓也です。

あなたは、発達障害のことでお悩みではありませんか。

また、

・楽しいことがない

・毎日がつまらない

・面白いことがない

そう思うことはありませんか。

なんだか楽しくない、そういうときもありますよね。

本日は、発達障害のことでお悩みのあなたへ、また「楽しいことがない」というあなたへ、手紙を書いていきます。

「楽しい」にもいろいろな種類があります。

しかし、できれば日常生活の中で「楽しい」と思えるといいですよね。

日常生活の中で「楽しい」と感じるには、次の2つのコツがあります。

【1.何かに本気で取り組む。】

【2.小さな夢を見つける。】←本日のメインテーマ

では、順に見ていきましょう。

【1.何かに本気で取り組む。】

これが、「楽しい」と感じるための、一番良い方法だと言っていいでしょう。

何かに【本気】で取り組む。

【集中】して取り組む、【真剣】に取り組む、と言いかえてもいいですね。

では、“何に”本気で取り組むと良いのか。

“仕事”、“勉強”、“趣味”、“遊び”、何でも構いません。

自分が“本気で取り組みたい”と思えるものに、【本気】を注ぎ込むといいでしょう。

ただ、【1.何かに本気で取り組む。】には、二つの弱点があると、私は考えます。

一つ目は、自分が何に本気で取り組みたいのか分からない人もいる、ということ。

二つ目は、本気を出すのは少しばかり大変だ、ということ。(本気を維持するのは少しばかり大変だ、ともいえます。)

とは言え、【何かに本気で取り組む】ことは、とてもいいことです。

【本気で取り組む】からこそ、本当の楽しさがあるのかもしれません。

もしあなたに、【本気で取り組んでみようかな】と思えるものがあれば、試してみると良いでしょう。

【楽しいな】と思えるかもしれませんよ。

【2.小さな夢を見つける。】

本日のメインテーマです。

日常生活の中で、楽しいと感じるには、【小さな夢を見つける】と良いです。

では、【小さな夢】とはなんなのか。

・小さな…ちょっとした。手軽にできる。

・夢…楽しみ。ワクワクするもの。希望。

このような意味でとらえてください。

つまり、【小さな夢を見つける】とは、【ちょっとした楽しみを見つける】ということです。

日常生活の中で、【ちょっとした楽しみを見つける】ことが、【日々を楽しいと感じるコツ】なんですね。

注意点として、“ただ漫然と、ぼーっとするのではなく”、“心がワクワクする、ほんわかと温まる何か”をすることが大切です。

では、

【あなたの小さな夢】とは何でしょうか。

・今日あったことを家族と話す。

・コンビニのスイーツを食べる。

・友達と電話をする。

・好きなタレントが出ているテレビを見る。

・ペットに話しかける。

・気になっていたマンガを読む。

・植物や青空をゆったりと眺める。

・好きな音楽を聴く、歌う。

・シャワーを浴びてスッキリする。  等。

日常生活の中で【手軽にできる、ささやかな楽しみ】。

それらは【小さいながらも夢】となって、私たちを助けてくれます。

もちろん、生活に支障が出るほどやり過ぎてはいけませんが、【ちょっとした楽しみ】があるからこそ、私たちは生きていけるんじゃないでしょうか。

【あなたの“心がほんわかと温まる”、ささやかな楽しみ】を、日常生活の中から見つけてみてください。

本日は、発達障害のことでお悩みのあなたへ、また、「楽しいことがない」というあなたへ、【小さな夢を見つける】ことをテーマに、手紙を書きました。

それでは。

一緒に、今日をちょこっと楽しんでみましょう。

発達障がい支援センター代表 丸山卓也

 
発達障害のことでお悩みではないですか?
 
 
発達障がい支援センターでは、『発達障がい克服!無料メルマガ』を発行しています。
 
発達障がい克服!無料メルマガは、今までに10万人以上の方にお読みいただいており、発達障害の悩みを解決するための知識・知恵が詰まっています。
 
発達障害のことでお悩みの方は、ぜひ読んでみてくださいね。
ずっと無料で読め、いつでも解除することもできます。
 
 
 
 

-心理カウンセラーのブログ

Copyright© 発達障がい支援センター , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.