心理カウンセラーのブログ

感情にフタをしないでいい

投稿日:

こんにちは。発達障害支援センターの阿部由香里です。

あなたは、ネガティブな気持ちを持ったときに、それを抑えなければならないと思っていませんか?

例えば、

・友人から嫌なことを言われてもやもやしたとき。

・先生や親に、ものすごく怒られて落ち込んでしまったとき。

・自分のことを、否定的に評価されたと思い、怒りがわいたとき。

・他人の行為に、イラっとしたとき。

あなたも経験したことがあると思います。

それらは、確かにネガティブな感情なので

それを感じている自分に

「あまりよくない感情だなぁ」という思いから、

「そんな風に思う自分は醜い」とか、

「こんな感情を持ってはいけない」

と自分を責めたり、感情を抑えようとしていませんか?

抑えようとしても、出てしまった感情は消すことはできません。

頭の中で、心の状態に葛藤しているだけです。

声に出さなくても胸の奥で、もやもやの鐘が鳴り響いているのです。

思春期を通り過ぎた私たちには自我があるので、

「自分は間違っていないぞ」ということを伝えたくて

反論することもあるでしょう。

ネガティブな感情、それ自体にいい、悪いはありません。

そういう感情を持ってもいいのです。

感情を抑え込むのは、あなたの個性を消してしまいます。 大人だからって、先生、生徒だからって、我慢しなくていいのです。

あなたの思いは大切に受け取ってください。

そして、「自分は今、何に対してネガティブな感情を持っているのかな?」

と考えてみてください。 自分の中で、何が許せないと思っていますか?

あなたにとってのルールがあるのですね。そして、それは、相手のルールではなく、自分自身のルールなのです。

だから感情が動くのですね。

それは相手の問題ではなくて、自分の中の基準があるから問題と感じるのです。

それを知ったとき、自分のことを落ち着いて受け止めることができるように思います。

 
発達障害のことでお悩みではないですか?
 
 
発達障がい支援センターでは、『発達障がい克服!無料メルマガ』を発行しています。
 
発達障がい克服!無料メルマガは、今までに10万人以上の方にお読みいただいており、発達障害の悩みを解決するための知識・知恵が詰まっています。
 
発達障害のことでお悩みの方は、ぜひ読んでみてくださいね。
ずっと無料で読め、いつでも解除することもできます。
 
 
 
 

-心理カウンセラーのブログ

Copyright© 発達障がい支援センター , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.