TOP

発達障がい支援センターHOME

発達障がいについて

スキルトレーニング

発達障がい支援センターについて

お問い合わせ

よくある質問

料金についてですが、スキルトレーニング料金以外に何か必要となるものはありますか?

各種検査もすべて無料で行えますので、スキルトレーニング料以外に必要な料金はありません
ただし『発達障がい克服プログラム』を受講する場合は、別料金となりますが、『発達障がい克服プログラム』を受講すると通常、スキルトレーニングの効果が倍増されるため、トータルの金額は減ります。実際にほとんどすべての方が、発達障がい克服プログラムを受講し早期に発達障がいを克服しています。


発達障がい支援センターで行えるスキルトレーニングにはどんなものがありますか?

当支援センターでは全国最大の発達障がい専門の民間団体ですので、ほぼすべてのスキルトレーニングが当支援センターで受けられます。下記にその一部を記載しておきますので、ご確認ください。
【当支援センターで行えるスキルトレーニングの主な種類】

・療育
・プレイセラピー(遊戯療法)
・学習支援
・ペアレントトレーニング
・行動療法
・認知療法
・認知行動療法(CBT)
・家族療法
・ゲシュタルト療法
・自律訓練法
・職業支援
・トークンエコノミー法
・レスポンスコスト法
・ソーシャルスキルトレーニング(SST)
・ストレス免疫訓練
・アサーショントレーニング
・ビジョントレーニング
・感情認識トレーニング
・感受性トレーニング
・タイムラインセラピー
・エクスポージャー法
・最適呼吸法・内観療法
・筋弛緩法
・論理療法
・論理情動療法
・系統的脱感作法
・シェイピング法
・タイムアウト法
・交流分析
・実存分析
・森田療法
・行動分析
・リミットセッティング
・ブロークンレコードテクニック
・音声機能トレーニング
・言語トレーニング
・作業トレーニング
・フラストレーション強化法 等


発達障がいの検査はできますか?

当支援センターは医療機関で行う検査と同じものを使用しておりますので、発達障がいの検査は可能です。
また結果は詳しく口頭でお伝えしますので、これからの人生に活かしていただけます。また口頭でお伝えしたあと、スキルトレーニングを要する場合はその説明もさせていただきます。
※検査の結果を文書として報告書が必要な方は、別途9,980円(税込)となります。
【当支援センターが扱っている心理検査の一部
・田中ビネーV(知能検査:2歳以上対象)
・WISC-IV(知能検査:5歳~16歳11ヶ月対象)
・WAIS-III(知能検査:16歳~89歳対象)
・新版C式幼児用知能検査(知能検査:4歳~7歳対象)
・NX5~8(知能検査:5歳~8歳対象)
・DENVERII(発達検査:0歳~6歳対象)
・SCTAW(抽象語理解力検査:小児以上対象)
・GSD(新型うつ検査)
・DSRS-C(抑うつ検査:小学生~中学生対象)
・CES-D(抑うつ検査:15歳以上対象)
・ACS(不登校傾向・葛藤・不適応・うつ傾向検査:中学生以上対象)
・FIT(不登校・摂食障害・非行検査)
・CMAS(状態不安検査:小学4年~中学生対象)
・MAS(状態不安検査:16歳以上対象)
・STAI(状態不安・特性不安検査:中学生以上対象)
・PSI(ストレス検査:小学4年生~高校生対象)
・S-H式レジリエンス(ストレス検査:高校生以上対象)
・PSI(育児ストレス検査:成人対象)
・GHQ(社会活動障害検査:12歳以上対象)
・PFスタディ(欲求不満テスト:4歳以上対象)
・TSCC(子ども用トラウマ検査)
・PRS(LD・ADHD検査:5歳~中学生対象)
・TAIS(対人関係検査:成人対象)
・TK式親子関係検査(幼児~中学生対象)
・FDT(親子関係検査:小学4年生~高校生対象)
・ロールシャッハ(性格・人格検査:幼児以上対象)
・内田クレペリン検査(性格・人格検査:幼児以上対象)
・ANエゴグラム(性格・人格検査:小学生~高校2年生対象)
・YG性格検査(性格・人格検査:小学2年生以上対象)
・MMPI(性格・人格検査:15歳以上対象)
・IUE(性格・人格検査:高校生以上対象)
・P-EG(性格・人格検査:高校生以上対象)
・TEGII(性格・人格検査:15歳以上対象)
・GATB(職業適性検査:中学生以上対象)
・VPI(職業適性検査:18歳以上対象)
以上が検査の一部となりますが、科学的・医学的に証明され医療機関で使用している検査と同じものが当支援センターでも行えます。


発達障がい克服プログラムとはどんなものでしょうか?

発達障がい克服プログラムとは発達障がいの専門家が制作しているもので、各支部に来られない遠方に住んでいる方のために制作されました。
また各支部にてスキルトレーニングを受けている方も発達障がい克服プログラムを受講することは可能です。両方受けることにより、スキルトレーニングの回数が半減し、トータルの料金もお安くなることが当支援センターの調査で分かっており、実際ほとんどの方が発達障がい克服プログラムを受講しております。
またこの発達障がい克服プログラムの内容は、大学や小中学校の教員の方も受講しておりますが、何も知識がない方も理解できるように配慮しておりますので、安心して受講してください
※当支援センターでいう発達障がいの専門家とは、発達障がいの博士号を持つ者や発達障がいの資格を持っている者、医師、研究者のことを指します。


スキルトレーニングの対象年齢を教えてください。

小学1年生から55歳までの方が対象となります。


発達障がい支援センターの活動について教えてください。

発達障がい支援センターでは様々な活動をしています。最近の活動例の一部を下記に記載しますので、ご確認ください。
【最近の講演や執筆活動例】
・新宿区立鶴巻小学校の教員勉強会の講師に招かれ、小学校の発達障がい子どもたちへの対応について指導
・フリースクールP&Tにセミナー講師として招かれ、中学生の発達障がいの子どもたちへの対応について指導
・日本文理学院高等部に講師として招かれ、高校生の発達障がいの子どもたちへの対応について指導
・社会福祉法人三和会に講師として招かれ、おとなの発達障がいへの対応について指導
・NPO法人心障サロン安心庵に講師として招かれ、発達障がいの克服法について指導。
・2014 しょうがい者就労支援フォーラム in PIC に講師として招かれ、発達障がいの方の就労支援について指導
・愛知県立春日台特別支援学校を視察。
・社会福祉法人薫徳会セントラルキッチンかすがいの視察および発達障がいの方の就労について指導。
・社会福祉法人しゅらの郷福祉会に講師として招かれ、発達障がいについて指導

・東京都杉並区のNPO発行の情報誌に発達障がい支援センターのスキルトレーニングが取り上げられる。
・雑誌『実践障害児教育』の執筆。
・インドネシアで行われた『発達障がい国際フォーラム』に日本の専門家として発達障がい支援センター所属の心理士が講師として招かれ、海外のドクターと共同で講演
※その他多くの講演も行っていますが、ページの関係で省略させていただきます。



発達障がい支援センターの提携先について教えてください。

当支援センターの提携先の一部をご紹介いたします。
【医療機関】
・医療法人一雄会 リンクスメンタルクリニック
・雅クリニック
・大河内メンタルクリニック
・八ヶ岳りんごクリニック
・岸澤内科心療科医院
・発達障がいの青山色彩治療院
・医療法人社団絹和会 睡眠総合ケアクリニック代々木

【研究所】
・視覚行動研究所
・視覚機能トレーニングJoyVision茨木
・NPO法人 バリアフリー総合研究所

【教育機関】
・日本文理学院高等部
・沼津高等学園
・菊川南陵高等学校
・大阪自由学院
・松陰高等学校
・明蓬館高等学校
・ECC学園高等学校
・WILL学園
・珊瑚舎スコーレ
・フリースクールP&T

【福祉】
・社会福祉法人 三和会
・社会福祉法人 足利むつみ会
・社会福祉法人 しゅらの郷福祉会
・こども支援センタースマイル
・一般社団法人 チャイルドライフ
・特定非営利活動法人くじらぐも
・デイサービス ココステージ
・NPO法人 ふらっとスペース金剛
・しんぐるまざあず・ふぉーらむ
・NPO法人 車いすダンススポーツ連盟

【グループホーム】
・特定非営利活動法人 ミヤギユースセンター
・青少年自立支援センター ビバの会
・青少年自立援助センター 蔵王いこいの里

【学習塾】
・発達障がい学習塾 ギフテッド
・IT塾のホームスクール
・ひらめき集中塾
・家庭教師のジャンプ
・翼学院
・あん学習支援塾
・障がい児個別指導塾 がりれお会
※その他多くの提携をしておりますが、ページの関係で省略させていただきます。


発達障がい支援センターは公的な団体でしょうか?

いいえ違います。当支援センターは公的な団体では手が届かないスキルトレーニングを行う任意団体です。


どのような発達障がいに対応しているのでしょうか?

当支援センターには様々な分野の専門家が在籍しておりますので、どのような発達障がいにでも対応は可能です。


土曜日や日曜日、祝日もスキルトレーニングは受けられるでしょうか?

スキルトレーニングは各支部で、土曜日・日曜日・祝日も運営しております。


発達障がい克服プログラムはスマートフォンからも受講は可能でしょうか?

発達障がい克服プログラムは、パソコン・スマートフォン、タブレットでも受講が可能です。もしうまく作動しない場合は、各携帯電話会社にお問い合わせください。


スキルトレーニングは、どこで行うのでしょうか?

東京支部・神奈川支部・愛知支部・愛知支部・福岡支部で行っております。地図等の詳細は地図のご案内ページからご確認ください。


幼児の時、病院で発達障がいと診断を受けましたが、まだ子どもには告知していません。ですから子どもには発達障がいのスキルトレーニングと気づかれずに行いたいのですが、それは可能でしょうか?

可能です。同じようなご要望が多いので、当支援センターの各支部が入居しているオフィスビルには、発達障がい支援センターとではなく、【支援センター】とのみ表示してありますので、ご安心ください。


スキルトレーニングに通うペースはどれ位でしょうか?

これは発達障がいの程度によって違います。まずは検査をしてその結果でスキルトレーニングのペースを決定いたします。


オンラインスキルトレーニングとは何でしょうか?

従来は、対面スキルトレーニングと電話カウンセリングしかありませんでしたが、皆さんのご要望が多いため、オンラインスキルトレーニングを開始いたしました。オンラインスキルトレーニングはSkypeを用いてテレビ電話でスキルトレーニングを行うサービスで、対面スキルトレーニングと近い成果を上げることができます。
なお受けられる方が用意するものとして、パソコン・WEBカメラ・マイク・スピーカーの4つとなります。
※ネット環境が不安定の場合は、オンラインスキルトレーニングの途中で電話カウンセリングに変更となる場合もございます。


スキルトレーニングを受けたいのですが、途中で担当の先生が代わることは、あるのでしょうか?

基本的には担当の心理士が代わることはありませんが、諸事情(入院・退社など)により担当が変更となる場合もございます。その場合はご了承ください。


支部に伺うのに道に迷わないか心配です。

各支部ともホームページにグーグルマップが掲載してありますので、パソコンなどで印刷してお越しになってください。


東京支部について教えてください。

東京支部の住所は、東京都新宿区新宿2丁目13番10号 武蔵野ビル5階となります。
また東京支部は5階にありますが、お子さんへの配慮のため、1階の掲示板にはセンター名を掲示しておりません。1階の掲示板にはハローオフィスフロアと記載してありますので、5階までエレベータでお越しください(5階のフロアはすべてハローオフィスフロアとなっており、東京支部はそのオフィスエリアの中にあります)。
土日祝日及び平日の時間外に予約された方は、予約時に自動返信しています予約完了メールをご確認ください。そちらに詳細が書いてあります。


愛知支部について教えてください。

愛知支部の住所は、愛知県名古屋市栄4丁目2番10号 小浅ビル8階となります。
ビルに提示してあります表記は、お子さんへの配慮のため、発達障がい支援センターではなく、支援センターとのみ表記してありますので、ご安心ください。
8階の愛知支部の扉の開閉時間は次の通りです。
【愛知支部の開扉時間】
平日:10時〜18時。
土曜日:10時〜12時。
日曜及び祝日:完全閉鎖。
上記の時間内の予約の方は扉は開いておりますので、受付に
支援センターへお願いしますとお伝えください。
また愛知支部の開扉時間外の予約の方は、予約時間に担当の
心理士が8階のエレベータホールまでお迎えにあがりますので
エレベーターホールでお待ちください。


福岡支部について教えてください。

福岡支部の住所は、福岡県福岡市中央区天神4丁目8番地2号 天神ビルプラス6階となります。
ビルに掲示してあります表記は、お子さんへの配慮のため、発達障がい支援センターではなく、支援センターとのみ表記してありますので、ご安心ください。
詳しくは予約時に自動返信しています予約完了メールをご確認ください。そちらに詳細が書いてあります。


医師から発達障がい支援センターを紹介されましたが、紹介状は必要でしょうか?

紹介状は必要ではありませんが、検査の結果があれば、お持ちください。その方がスムーズにお話ができます。


料金にクレジットカードは使えるでしょうか?

クレジットカードは使用できません。
初回は無料ですが、2回目以降は事前の振込となります。



紹介状がなければ、スキルトレーニングは受けられないのでしょうか?

紹介状がなくても、スキルトレーニングは受けられます。


ペアレントトレーニングや認知行動療法(CBT)を親の私が学び、自宅で実践したいと考えているのですが、一度に何時間も予約することが可能でしょうか?

もちろん可能です。
年末年始やGW、お盆などの長期休暇のときは、1日3枠(50分×3回)のご予約でしっかり学ばれ、それを自宅で実践して効果を上げているかたも多くいらっしゃいます。



発達障がい支援センターで働きたいと考えている者ですが、どのような資格が必要でしょうか?また入社試験はあるのでしょうか?

当支援センターで勤務するには、医師免許・臨床認知心理士・臨床心理士・臨床発達心理士・自閉症スペクトラム支援士・精神保健福祉士のいづれかの資格を持っている者となります。また入職試験はありますが、最低でも心理学部の修士課程程度の学力が必要となります。
ただしそれに準ずる資格を持っている方、又は同等の能力をお持ちの方は入職していただけます。



わが子にあった高校を教えていただけるでしょうか?

当支援センターでお子さんの適正を調べる検査を受けていただければ、提携先の高校はもちろん、提携していない高校でも紹介状を作成することは可能です。もちろん適正を調べる各種検査は無料です。


自分にあった職種を教えていただけますか?

当支援センターで職業適性検査を受けていただければ、適正のある職種を探すことは可能です。


妻(夫)に発達障がいがあるように感じるのですが、どう対応したら良いでしょうか?

まずは本当に発達障がいかを調べることが大切です。当支援センターでは医療機関と同じ発達検査ができますので、お気軽にお受けください。
また対応の仕方についても専門家が適切なアドバイスをいたします。



スキルトレーニングもしたいのですが、学力の心配もあります。スキルトレーニングの合間に勉強を教えていただくことは可能ですか?

もちろん可能です。まずはお気軽にご相談ください。


担当の先生を選ぶことはできますか?

当支援センターに所属している先生方は、様々な分野の専門家がいます。
これは発達障がいが多岐にわたるからです。そのため様々な分野の専門家が所属しているのですが、クライアントの状態によって担当の先生が決まりますので、クライアントの方が自由に先生を決めることはできません。ただし検査によって状態が変わった時は担当の先生も変更となる場合があります。



スキルトレーニングをすると必ず効果があるのでしょうか?

個人差がありますので、必ずということは言えませんが、ほぼ全員の方に効果が出ています。このスキルトレーニングは科学的・医学的に実証されていますし、薬物療法と違い副作用もありませんので、安心して受けてください。


混んでいるのでなかなか予約が取れません。どうすれば良いでしょうか?

当支援センターは医療機関とも提携をしておりますので、ご予約が取りづらいのが現状です。特に阿部先生・立野先生・鈴木先生・近藤先生・氷室先生のご予約は人気のため大変取りづらくなっております。お早めにご予約を取られることをお勧めいたします。


各種検査の結果はいただけるのでしょうか?

検査の結果はすべて口頭でお伝えしておりますので、通常は文書で結果報告はしておりません。ただしご希望の方は文書で結果報告書を作成することは可能ですが、その場合は報告書作成料として別途9,980円が必要となります。
この料金は報告書を作成するのに、50分程度かかることから、スキルトレーニングの時間料と同じに設定してあります。



個人情報の保護期間について教えてください。

当支援センターでは個人情報を厳守しております。
ご質問の
個人情報保護期間については、最後にカウンセリング・スキルトレーニングを終了してから、90日間保管させていただきます。それ以降はすべての情報を削除させていただきます。また90日間後に新たな案件でカウンセリング・スキルトレーニングを受けられる時は、新規として対応させていただきます。ただしインテーク面接(初回無料)は行いませんのでご了承ください。


大人の発達障がいにも効果はあるのでしょうか?

もちろん個人差はありますが、大人の方にもスキルトレーニングは効果があります。
実際、当支援センターには医療機関から紹介された、大人の方が大勢スキルトレーニングを受けています。


どれくらいの期間があれば克服できるでしょうか?

発達障がいの程度によって変わります。ですのでまずは検査をお受けください。