TOP

HOME

発達障がいについて

スキルトレーニング

センターについて

お問い合わせ

1

2

3

4

5

 この度は、発達障がい支援センターのホームページにお越しいただき、誠にありがとうございます。

 今このホームページをご覧になられている方の多くは、当支援センターの提携医療機関、もしくは提携教育機関からのご紹介かと思いますので、すでに当支援センターのことはご存じかと思います。
 しかしインターネットで検索し、初めて当支援センターのことを知られた方もいらっしゃるかも知れません。そこでまずは簡単ではありますが、当支援センターのことをお話しさせていただきます。

 当支援センターは、発達障がい自閉症や自閉症スペクトラム、広汎性発達障がい、アスペルガー症候群、高機能自閉症、ADHD(注意欠陥/多動性障がい)、LD(学習障がい)等)の方が、社会(職場や学校)に適応できるように、医療機関と連携をしてスキルトレーニングを行う民間施設です。
  
 そして
設立以来、約2万人以上の方のご相談にのり、発達障がいを克服するために科学的・医学的に実証されているスキルトレーニング積極的に行っています。
 
 そして当支援センターのスキルトレーニング技術が認められ、今では
医療機関・医学研究所・学校法人・福祉法人・社団法人・非営利活動法人等と提携をし、より科学的・医学的に実証されているスキルトレーニングを行っている全国最大規模の発達障がい専門のスキルトレーニング施設が当支援センターなのです
※当支援センターは現在、東京支部・愛知支部・福岡支部の5拠点あり、2017年度には、埼玉支部・千葉支部・兵庫支部・宮城支部を開設予定です




  
また最近では当支援センターがマスコミで取り上げられることも多くなり、講演や執筆の依頼が殺到しています。下記にその一部ではありますが、当支援センターの活動例を記載します。
【最近の講演や執筆活動例】
・新宿区立鶴巻小学校の教員勉強会の講師に招かれ、小学校の発達障がい子どもたちへの対応について指導
・フリースクールP&Tにセミナー講師として招かれ、中学生の発達障がいの子どもたちへの対応について指導
・日本文理学院高等部に講師として招かれ、高校生の発達障がいの子どもたちへの対応について指導
・社会福祉法人三和会に講師として招かれ、おとなの発達障がいへの対応について指導
・社会福祉法人しゅらの郷福祉会に講師として招かれ、発達障がいについて指導。
・NPO法人心障サロン安心庵に講師として招かれ、発達障がいの克服法について指導。
・2014 しょうがい者就労支援フォーラム in PIC に講師として招かれ、発達障がいの方の就労支援について指導
・愛知県立春日台特別支援学校を視察。
・社会福祉法人薫徳会セントラルキッチンかすがいの視察および発達障がいの方の就労について指導
・東京都杉並区のNPO発行の情報誌に発達障がい支援センターのスキルトレーニングが取り上げられる。
・雑誌『実践障害児教育』の執筆。
・インドネシアで行われた『発達障がい国際フォーラム』に日本の専門家として発達障がい支援センター所属の心理士が講師として招かれ、海外のドクターと共同で講演
※その他多くの講演も行っていますが、ページの関係で省略させていただきます。


  次に当支援センターの提携先の一部をご紹介いたします。
【医療機関】
・医療法人一雄会 リンクスメンタルクリニック
・雅クリニック
・大河内メンタルクリニック
・八ヶ岳りんごクリニック
・岸澤内科心療科医院
・発達障がいの青山色彩治療院
・医療法人社団絹和会 睡眠総合ケアクリニック代々木

【研究所】
・視覚行動研究所
・視覚機能トレーニングJoyVision茨木
・NPO法人 バリアフリー総合研究所

【教育機関】
・日本文理学院高等部
・沼津高等学園
・菊川南陵高等学校
・大阪自由学院
・松陰高等学校
・明蓬館高等学校
・ECC学園高等学校
・WILL学園
・珊瑚舎スコーレ
・フリースクールP&T

【福祉】
・社会福祉法人 三和会
・社会福祉法人 足利むつみ会
・社会福祉法人 しゅらの郷福祉会
・こども支援センタースマイル
・一般社団法人 チャイルドライフ
・特定非営利活動法人くじらぐも
・デイサービス ココステージ
・NPO法人 ふらっとスペース金剛
・しんぐるまざあず・ふぉーらむ
・NPO法人 車いすダンススポーツ連盟

【グループホーム】
・特定非営利活動法人 ミヤギユースセンター
・青少年自立支援センター ビバの会
・青少年自立援助センター 蔵王いこいの里

【学習塾】
・発達障がい学習塾 ギフテッド
・IT塾のホームスクール
・ひらめき集中塾
・家庭教師のジャンプ
・翼学院
・あん学習支援塾
・障がい児個別指導塾 がりれお会
※その他多くの提携をしておりますが、ページの関係で省略させていただきます。


 また最新の医学・科学で証明されているスキルトレーニングを行えるプロの心理士の教育も行っており、
当支援センターにはその厳しい教育課程を修了合格した有資格者が在籍しております。
 その専門家がスキルトレーニングを行うわけですが、スキルトレーニングを受けられる方の割合は、おとなの方が約53%・子どもの方が約47%となり、発達障がいの診断を受けている方は約31%で、残りの約69%の方は、いわゆるグレーゾーンと言われる範囲に位置する方々です。

 このデータで分かるように、当支援センターでは
小学1年生から55歳までの方が対象で、発達障がいと診断を受けている方だけでなく、まだ発達障がいの診断を受けていないが、その疑いがあり、社会(職場や学校)に適応できず、苦しんでいる方のスキルトレーニングも行っています。

 そして長年の地道な活動と、発達
障がい支援の実績が認められて、多くのマスコミから取材を受けています。なぜ注目を浴びているのかというと、当支援センターは上記に記載しましたように様々な医療機関や医療研究所と提携を結んでいるため、科学的・医学的に実証されているスキルトレーニングが行える全国最大規模の民間施設だからです。


  ちなみに当支援センターが行える可能な検査とスキルトレーニングは以下の通りです。
【当支援センターで行える検査の主な種類】
・田中ビネーV(知能検査:2歳以上対象)
・WISC-IV(知能検査:5歳~16歳11ヶ月対象)
・WAIS-III(知能検査:16歳~89歳対象)
・新版C式幼児用知能検査(知能検査:4歳~7歳対象)
・NX5~8(知能検査:5歳~8歳対象)
・DENVERII(発達検査:0歳~6歳対象)
・K-ABCU(発達検査:2歳6ヵ月〜18歳11か月)
・SCTAW(抽象語理解力検査:小児以上対象)
・GSD(新型うつ検査)
・DSRS-C(抑うつ検査:小学生~中学生対象)
・CES-D(抑うつ検査:15歳以上対象)
・ACS(不登校傾向・葛藤・不適応・うつ傾向検査:中学生以上対象)
・FIT(不登校・摂食障害・非行検査)
・CMAS(状態不安検査:小学4年~中学生対象)
・MAS(状態不安検査:16歳以上対象)
・STAI(状態不安・特性不安検査:中学生以上対象)
・PSI(ストレス検査:小学4年生~高校生対象)
・S-H式レジリエンス(ストレス検査:高校生以上対象)
・PSI(育児ストレス検査:成人対象)
・GHQ(社会活動障害検査:12歳以上対象)
・PFスタディ(欲求不満テスト:4歳以上対象)
・TSCC(子ども用トラウマ検査)
・PRS(LD・ADHD検査:5歳~中学生対象)
・TAIS(対人関係検査:成人対象)
・TK式親子関係検査(幼児~中学生対象)
・FDT(親子関係検査:小学4年生~高校生対象)
・ロールシャッハ(性格・人格検査:幼児以上対象)
・内田クレペリン検査(性格・人格検査:幼児以上対象)
・ANエゴグラム(性格・人格検査:小学生~高校2年生対象)
・YG性格検査(性格・人格検査:小学2年生以上対象)
・MMPI(性格・人格検査:15歳以上対象)
・IUE(性格・人格検査:高校生以上対象)
・P-EG(性格・人格検査:高校生以上対象)
・TEGII(性格・人格検査:15歳以上対象)
・GATB(職業適性検査:中学生以上対象)
・VPI(職業適性検査:18歳以上対象)

【当支援センターで行えるスキルトレーニングの主な種類】
・療育
・プレイセラピー(遊戯療法)
・学習支援
・ペアレントトレーニング
・行動療法
・認知療法
・認知行動療法(CBT)
・家族療法
・ゲシュタルト療法
・自律訓練法
・職業支援
・トークンエコノミー法
・レスポンスコスト法
・ソーシャルスキルトレーニング(SST)
・ストレス免疫訓練
・アサーショントレーニング
・ビジョントレーニング
・感情認識トレーニング
・感受性トレーニング
・タイムラインセラピー
・エクスポージャー法
・最適呼吸法・内観療法
・筋弛緩法
・論理療法
・論理情動療法
・系統的脱感作法
・シェイピング法
・タイムアウト法
・交流分析
・実存分析
・森田療法
・行動分析
・リミットセッティング
・ブロークンレコードテクニック
・音声機能トレーニング
・言語トレーニング
・作業トレーニング
・フラストレーション強化法 等


 この他にも様々なスキルトレーニングがありますが、ひとつ理解してほしいことがあります。それはスキルトレーニングをしても発達障がいが完治するわけではないということです。

 なぜなら、発達障がいは病気ではなく障がいだからです。

 発達障がいの多くは、脳の中枢神経系に何らかの機能障がいがあると推定されていますが、現代医学をもっても、本当に残念ですが、今のところ完治させるのは難しいのです。

 もちろん発達障がいは病気ではないと言っても、医療機関で薬を処方されることもありますが、この薬は発達障がいを完治させる薬ではなく、発達障がいの方に表れる症状を抑えるため薬です。つまり対症療法なのです。

 ですから薬は根本的に発達障がいを完治させるものではないことを理解する必要がありますし、薬には必ず副作用があります。その副作用があるために、多くの発達障がいの方は、このまま飲み続けて良いのだろうか?と悩まれるわけです。


 当支援センターは、現代医学でも完治させることができない発達障がいを抱えた方たちに、発達障がいを専門に扱う心理士が、その方々の特徴を掴み、適切なカウンセリング・スキルトレーニングを行うことで、学校や職場に適応できるようにするために活動・実績をあげています。
 また当支援センターのカウンセリング・スキルトレーニングは大学や病院、福祉施設でも学ばれているものです。

 適切なやカウンセリング・スキルトレーニングを行うことによって個人差はありますが、ほとんどの発達障がいの方が、学校や職場に適応して、自立することができるようになります。

 それは発達障がいによって未発達の能力を、スキルトレーニングで補う手法をとっているからです。


 発達障がいは治すのではなく、未発達な能力をスキルトレーニングで『補う』ことが大切なのです!


 その補うための手法が当支援センターが行うスキルトレーニングなのです。ではスキルトレーニングとは何でしょうか?これを学ぶ前に、発達障がいの5段階について理解する必要があります。
では下記の【発達障がいの5段階とは?@】ボタンをクリックして、読み進めてください。

1

2

3

4

5